スクエニ、FF14へのリスト型攻撃を検知 パスワード強制リセットの可能性も 認証情報の再設定を呼び掛け

20

2022年10月07日 11:42  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

FF14のスクリーンショット(公式サイトから引用)

 スクウェア・エニックスは10月6日、MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」(FF14)を対象としたパスワードリスト型攻撃を検知したとして注意喚起した。認証情報を他サービスから使いまわしていたり、推測しやすいパスワードを使ったりしているユーザーに対し、再設定を呼び掛けている。



【その他の画像】



 攻撃の対象になっているアカウントは一時的にログインを制限し、不正ログインを防いでいるという。ログイン制限は、本来のユーザーがパスワードを再設定することで解除する。今後も攻撃が増える場合、全アカウントのパスワードを強制リセットする可能性もあるという。



 パスワードリスト型攻撃は、外部から流出したメールアドレス・パスワードの組み合わせを総当たりで試す不正アクセスの手法。スクウェア・エニックスは今回の攻撃について、他社のサービスから流出した情報を悪用したものとみている。



 FF14は2013年にサービスを始めたオンラインゲームだが、継続的なアップデートによって現在もプレイヤーを集めている。21年12月にはログイン時の混雑を理由に販売を一時停止してサーバを増強するなど、プレイヤー増加によりサービス提供に支障が出ることもあった。


このニュースに関するつぶやき

  • MMORPGとFPSは参加者の民度がね…まぁ天罰でしょう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定