仕事とプライベート、切り替えは?→7割以上が「退勤後も仕事の連絡に対応」 脳科学者「脳の負荷は軽減できていない」

133

2022年10月07日 12:10  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

7割以上の人が「退勤後も仕事の連絡に対応している」と回答 ※画像はイメージです(polkadot/stock.adobe.com)

みなさんは終業後に仕事の連絡があった場合、どうしていますか。全国の20歳〜49歳の会社員・公務員1000人に調査をしたところ、8割以上の人が「仕事モードとプライベートモードを切り替えられている」と回答した一方で、7割以上の人が「退勤後も仕事の連絡に対応している」と回答したそうです。

【グラフ】「残業が月200時間」「1週間で7時間しか寝ていない」…医師の約4割が「燃え尽き症候群」を経験

合同会社Endianが展開するリラクゼーションドリンクブランド「CHILL OUT(チルアウト)」が「リラックス習慣に関する調査」と題して、2022年9月に実施した調査です。

はじめに、「仕事とプライベートの切り替えができていますか」と聞いたところ、82%の人が「切り替えができている」と回答。その一方で、77%の人が「退勤した後、チームメンバーやクライアントから仕事の連絡が来たら対応している」と回答し、仕事とプライベートを「実は切り替られていない」可能性がうかがえたそうです。

調査結果について人間性脳科学研究所所長で武蔵野学院大学・大学院教授の澤口俊之氏は「脳科学の観点では、頭から仕事が離れていない状況だと、脳の負荷は軽減できていないと言われています」と説明しています。

次に、「仕事が終わった後のリラックス方法として、これまでに取り入れたことがあるもの」を聞いたところ、「TV・動画を見る」(44%)、「美味しいものを食べる」(42%)、「眠る・目を閉じる」(41%)などが上位に挙げられました。

最後に、「仕事が終わった後、リラックスするための習慣はありますか」と聞いたところ、59%の人が「ある」、41%の人が「ない」と回答。また、「リラックスするための習慣が何もない理由」については、「何をしていいのかわからないから」(30%)、「忙しいから」(21%)、「必要性を感じないから」(19%)といった回答が挙げられたそうです。

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 完全に切り替えている。プライベートは邪魔させない。でも仕事中もMIXIしているから切り替えてないか����ʴ򤷤����。ごめんなさい���ä���١�
    • イイネ!11
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(85件)

前日のランキングへ

ニュース設定