「Pixel 7」の128GB、実質0円で購入するには?

0

2022年10月07日 22:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

Pixel 7

 10月13日発売予定となるGoogleのスマートフォン「Pixel 7」。実は128GBなら実質0円で購入するキャンペーンがある。



【その他の画像】



 実質0円の“からくり”はこうだ。



 次回以降の買い物の際に使える「Googleストアクレジット」と、スマートフォンの最大の下取り額の合計額が、Pixel 7の128GBの8万2500円(税込み)と同額になる。



●Googleストアクレジット



 Googleストアクレジット(今回の特典の場合)は2022年10月6日23時45分から16日23時45分(日本時間、以下同)までにPixel 7を購入すると、次回以降の買い物に利用可能な2万1000円分のストアクレジットがもらえる、という内容。Googleストアクレジットの有効期限は2023年10月6日23時45分だ。



 受け取りの対象はGoogle Pay プロファイルを保有する18歳以上の人。ゲスト購入は受け取り不可だ。なお、ストアクレジットの進呈は1人につきデバイス2台の購入分までとなる。



●下取り



 Pixel 7を購入し、対象のスマートフォンを下取りに出すと、最大6万1500円が還元される。ちなみに、この6万1500円となる機種は、「Pixel 4」「Pixel 6」「iPhone 11」などだ。下取り額は下取りに出した端末の状態、購入年、機種などによって異なり、査定に応じて変更される場合がある。最大6万1500円となる機種は次の通り。



・Pixel 4の見積もり額:5万3809円から6万1500円まで



・Pixel 4 XLの見積もり額:5万2347円から6万1500円まで



・Pixel 5の見積もり額:4万9805円から6万1500円まで



・Pixel 6/Pixel 6 Proの見積もり額:4万2431円から6万1500円まで



・iPhone 11の見積もり額:4万1885円から6万1500円まで



・iPhone 11 Proの見積もり額:3万6876円から6万1500円まで



・iPhone 12の見積もり額:3万8045円から6万1500円まで



・iPhone 12 miniの見積もり額:4万1033円から6万1500円まで



 他にも下取りの対象機種はいくつかある。Pixel 7の購入ページで色と容量を選択し、「スマートフォンの下取り」という項目のすぐ下にある「下取りに出す」を選択すると、下取りの対象機種を調べられる。



 問題なく下取りに出せれば、新しいスマートフォンの注文に使用した支払い方法へ払い戻される。ただし、クレジットカードへの払い戻しについては、Pixel(スマートフォン)を同一カードで購入した場合にのみ可能となる。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定