<障害ある子どもを差別>「あら、いたの?」私と娘を無視する義母。対応の差を感じ……【前編まんが】

2

2022年10月07日 23:41  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ
わが家は私・サユキと旦那のシンイチ、そして娘のリコの3人家族。リコは生まれつき足に障害があり、普段から補装具を着けています。3年前の夏休みに義実家へ行ったとき、私にとって許せないことが起きたのです……。

義父は他界しており、義実家では義母と義弟家族が暮らしています。義母は息子であるシンイチのことはとても可愛がっていますが、私とリコのことはまるで目の敵のように嫌っています。明言をされたことはありませんが、義母はリコが足に障害を持っていることを良く思っていない様子。障害の原因は、母親である私にあるとも考えているようです。
義母とシンイチが家へ入ると、入れ違うように義弟家族が現れました。
障害をバカにする義母と夫1-2
子どもたち2人はキャッキャッと声をあげながら家の中に入っていきます。義弟家族はいつもフレンドリーに接してくれ、私たちにとってとてもありがたい存在です。
障害をバカにする義母と夫1-3
義母と義弟家族の歓迎の温度差があるのはいつものこと。私はあまり気にしないようにしながら、促されるままに家の中に入りました。どんなに義母に塩対応されても帰省していたのは、私やリコが義弟家族に会いたかったからなのです。

中編へ続く。
補装具:身体の不自由な人の行動を補助するための器具(広辞苑第七版より)
原案・ママスタコミュニティ 脚本・motte 作画・Michika 編集・荻野実紀子

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • いたよ。悪い?ってか、差別ひどくね?(←神楽ちゃん口調)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定