岡田准一、今につながる“大先輩”のアドバイスに感謝「馬に乗っておけ」

3

2022年10月08日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『東急リバブル』新CMに出演する岡田准一
俳優の岡田准一が『東急リバブル』のイメージキャラクターに起用され、20日から放送開始される新CM「街のプロになれ」篇、「お客様より考えろ」篇、「現場100回」篇に出演する。

【写真】映画 『人生クライマー』ポスタービジュアル

 新CMは、それぞれ特徴的なテーマで構成され、不動産のプロとして日々奮闘する同社営業の姿を岡田が熱演。「街のプロになれ」篇では雑誌記者(風)、「お客様より考えろ」篇では作家(風)、「現場100回」篇では探偵(風)の姿で登場したかと思えば、瞬時に東急リバブルの営業に変身。CMはCG合成のため、撮影時にはその様子がわからなかったという岡田は「実際にどうなるのか楽しみにしています」と期待を寄せた。

 また、先輩から脈々と受け継がれてきた「街のプロになれ」「お客様より考えろ」「現場100回」という「教え」を題材として企画された新CMにちなみ、岡田が先輩から受け継いだ「教え」について「当時20代前半でしたが、大先輩から、馬に乗っておけ。馬に乗れたほうがいいぞ、とアドバイスをいただきました」と助言を振り返る。

 馬に乗れると映画などの撮影現場で、スタッフの目つきが変わる、信頼を得られる、と教えられ、その大先輩から紹介された馬術クラブに通うようになったという。「今、(時代劇などで)自由に馬を乗りこなせているのは、そのアドバイスのおかげです」と感謝する一方、「けっこういい馬術クラブを紹介していただいたので、20代にとっては重かったです(笑)」と懐かしんでいた。

 岡田は「(創業)50周年という節目の年に、新たなブランディングを進められる中、すごくプレッシャーを感じています。背すじを伸ばして頑張りたいと思っています」と意気込みながら「東急リバブルの営業として、できるだけさわやかに、皆さんに近づけるように、気持ちのよい人になろうと思って頑張りました」と演じる上でのこだわりを語った。

このニュースに関するつぶやき

  • 三遊亭好楽「けっこういい馬術クラブを紹介していただいたとのことで、あたしら落語の世界でも、下手に習うと下手になるなどと申します。  なぜだかこのごろあたしが稽古つけてやるっていうと弟子が逃げ出すんです」
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定