Vaundy、仲野太賀主演ドラマの主題歌を書き下ろし「自由で楽しい雰囲気を表現できれば」

0

2022年10月08日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

仲野太賀主演土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル』主題歌を担当するVaundy(C)テレビ朝日
現役大学生・22歳のマルチアーティスト・Vaundyの新曲「瞳惚れ」が、テレビ朝日系で22日からスタートする仲野太賀主演土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル』(毎週土曜 後11:30)の主題歌に決定した。

【写真】「移動手段は一輪車」少年のような従業員を演じる石崎ひゅーいほか追加キャスト一覧

 本作は、脚本を金子茂樹氏、監督は深川栄洋氏で、同局初の本格シットコム(シチュエーションコメディの略で、限られた場面設定、登場人物で繰り広げられる連続ドラマ)となる。ほぼ“本番一発勝負”でノンストップ撮影が行われる、何が起こるかわからないライブの臨場感に加えて、豪華ゲストの登場など、毎回さまざまな仕掛けも用意されており、30分間ノンストップの群像劇が繰り広げられる。

 同楽曲は、爽やかなギターのカッティングと、耳なじみの良いメロディーが印象的な“Vaundy流シティ・ポップ”。Vaundyのセンスと才能をたっぷり楽しむことができる一曲となっている。

 この曲に込めた思いをVaundyは、「ほぼ本番一発勝負のシットコムスタイルと聞いて、このドラマの自由で楽しい雰囲気を表現できれば」と語り、さらに「お芝居の雰囲気をそのまま引き継いで、ラストに次回も楽しみになるような曲に仕上がってます」とコメント。

 仲野は、Vaundyについて「とにかく音楽の才能があふれていて、いろんなタイプの楽曲をコンスタントに生み出していてすごいなと思います。一度、ライブも観たことがあるんですが、すごい迫力で、「『こんなに歌がうまいんだ!』って、感動したのを覚えています。」と、以前から注目していることを明かし、楽曲については「すでにヘビーローテーションです!シティ・ポップ的な要素があって、軽やかで。主題歌がこんなすてきな曲で、本当に最高です!僕たちもお芝居で負けないようにしたいです」と意気込みを語った。

■Vaundy コメント
今回このお話をいただいた時に、ほぼ本番一発勝負のシットコムスタイルと聞いて、このドラマの自由で楽しい雰囲気を表現できればと、この「瞳惚れ」という楽曲を作っていきました。
お芝居の雰囲気をそのまま引き継いで、ラストに次回も楽しみになるような曲に仕上がってます。ベースラインとメロディーがリズムを通して共存していて“瞳惚れ”する時の楽しいダンスルームのような、浮き足立ってダウンタウンへ繰り出していくような、そんな高揚感を感じながら聴いてもらえたらうれしいです。

■仲野太賀 コメント
とにかく音楽の才能があふれていて、いろんなタイプの楽曲をコンスタントに生み出していてすごいなと思います。一度、ライブも観たことがあるんですが、すごい迫力で、「こんなに歌がうまいんだ!」って、感動したのを覚えています。
主題歌として提供いただいた「瞳惚れ」ですが、すでにヘビーローテーションです。聴けば聴くほど、勝手に体が踊り出すような、シティ・ポップ的な要素があって、軽やかで。主題歌がこんなすてきな曲で、本当に最高ですし、僕たちも芝居で負けないようにしたいです。僕たちの芝居がドタバタと始まって、怒涛のように終わって、Vaundyさんの曲で締めるという、いい流れになってくれればうれしいですね。名曲が待っているので、必ず最後まで見てください!
    ニュース設定