『有吉の壁』KOUGU維新&美炎が“集結” ライブでの共演は「夢のステージ」

1

2022年10月08日 06:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

音楽ライブ『有吉の壁』Break Artist Liveへの思いを語ったKOUGU維新と美炎 (C)ORICON NewS inc.
日本テレビ系バラエティー『有吉の壁』(毎週水曜 後7:00)の人気企画「ブレイクアーティスト選手権」で生まれたアーティストたちが、本気でパフォーマンスを披露する音楽ライブ「『有吉の壁』Break Artist Live」が、12日と13日の2日間にわたって横浜・ぴあアリーナMMで開催される。このほど、KOUGU維新(プラスドライバ:大津広次、平やっとこ:淡路幸誠、ダイヤモンドカッター:野田クリスタル)と美炎(Kushami:長田庄平、ギター・Zumari:向井慧、ベース・Dust:菅良太郎、ドラム・Kafun:松尾駿)による合同取材が行われた。

【集合ショット】夢の共演!思い思いにポーズを決めるKOUGU維新と美炎

 Kushamiは、昨年の反省点として「去年めちゃくちゃ盛り上がったのですが、ちょっとKafunだけ目立ってなかったのかなと。連絡網がうまく機能していなくて。Kafunだけ情報がいってなかった」と指摘。Kafunは「今年はボーカルとドラムの位置を変えて、花道の一番前にドラムセットを置きたいです」とアピールした。

 一方でのKOUGU維新・プラスドライバは「我々はアクションをメインにやっていた団体で、殺陣を主にやっているのですが、去年のライブでは殺陣を披露する瞬間が少なかった。今回は殺陣を意識されているライブだと聞いています」と期待。美炎に対して「僕はすごくリスペクトしていて、今回は夢のステージ」と共演への喜びを口にするも、Kushamiから「僕らはそんなこと思ってなかった(笑)」とスカされるなど、息のあったかけあいも見せた。

 ライブのアピールをする場面では、平やっとこが「非常に強固な団体になってまいりました」と切り出すと、Zumariが「強固な団体(笑)?」と独特なワードチョイスにツッコミ。ダイヤモンドカッターは「KOUGUは生かすも殺すも使い手次第。間違いない!」と呼びかけると、Zumariが「長井秀和さんだ!」としっかり拾っていた。

 一般チケットは、日テレゼロチケなどで発売中。

『有吉の壁』Break Artist Live出演者
●Day1
親戚乃家:かが屋、空気階段
アイニスタ:三四郎
コーラスブラザー&シスターズ:川村エミコ(たんぽぽ)、近藤くみこ(ニッチェ)、もう中学生、関太(タイムマシーン3号)、安藤なつ(メイプル超合金)、おいでやす小田
シンディー・キーマ・ラッシー:ジャングルポケット
TOFU列伝:とにかく明るい安村、上木恋愛研究所
美炎:チョコレートプラネット、菅良太郎・向井慧(パンサー)
KOUGU維新:きつね、トム・ブラウン、空気階段、石橋遼大(四千頭身)、ほしのディスコ(パーパー)、ワタリ119、向井慧(パンサー)、小宮浩信(三四郎)、賀屋(かが屋)、宮下兼史鷹(宮下草薙)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、芝大輔(モグライダー)ほか

壁キャラメドレー:シュガーロンロン(蛙亭・中野)、MAPPA(パンサー尾形)、バーディーさんほか
助っ人芸人:EXIT、ぺこぱ


●Day2
助っ人芸人:さらば青春の光・東ブクロ

ガードルズ:三四郎、どぶろっく
イーストキングス:ハナコ
超銀河ディーバ モヘロス:トム・ブラウン、吉住、しずる
SHINO部:長谷川忍(シソンヌ)、きつね
SOBBA:シソンヌ
モゥ〜ガール:川村エミコ(たんぽぽ)、近藤くみこ(ニッチェ)、幸(納言)
LOVE PSYCHE TRAIN:とにかく明るい安村
ひろちゃそ&きーたむ:蛙亭
ぷらもでる。:きつね、水川かたまり(空気階段)
おたから塚歌劇団 うめ組:阿佐ヶ谷姉妹、あいなぷぅ(パーパー)、椿鬼奴、ヒコロヒー、吉住
正直隊:パンサー
スーパースターズ:マヂカルラブリー、三四郎、シソンヌ
レインボーイズ:四千頭身

助っ人芸人:さらば青春の光・東ブクロ

●Day1・Day2
タイヤ・パンク:ジェラードン
    ニュース設定