ウクライナ各地にまた大規模ミサイル攻撃、4人死亡 停電は隣国にも

27

2022年11月24日 05:06  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

ウクライナの首都キーウ(キエフ)で2022年11月23日、ロシアによるミサイル攻撃を受けた現場で焼け焦げた車=AP

 ロシア軍による相次ぐエネルギー施設を標的にした攻撃で電力危機に陥っているウクライナで23日、再び全土で大規模なミサイル攻撃が行われ、各地に緊急停電が広がった。首都キーウ(キエフ)と周辺のキーウ州では住宅にも着弾、計4人が死亡した。


 キーウでは同日午後2時(日本時間同9時)過ぎ、空襲警報とともに数回にわたる爆発音が響いた。市当局によると、市内の2階建ての住宅が直撃され、市民3人が死亡した。またクリチコ市長のSNSによると、市内のインフラが攻撃されたほか、数カ所の地域で爆発があったという。市内全域で水道の供給が止まったという。


 キーウ州内でもミサイルが住宅に着弾し1人が犠牲になった。


 各地の州、市当局者のSNSによると、攻撃による大規模な緊急停電は北東部ハルキウ、中部ビンニツァ、西部リビウなど各州に広がっている。また、隣国モルドバのアンドレイ・スピヌ副首相によると、ウクライナに対する攻撃の影響で同国から電気を輸入するモルドバでも国土の半分以上の地域で停電が起きているという。(キーウ=喜田尚、パリ=宋光祐)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 今回、露の味方するつぶやき散見されるな。今頃になって何故?どんな理由があっても民間人を狙った攻撃は許せない。何故、軍事施設じゃなく民間人やエネルギー施設等を標的にするん?
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(22件)

前日のランキングへ

ニュース設定