ロシアの軍事同盟、崩壊の瀬戸際 同盟国が「ロシア離れ」の動き加速

99

2022年11月25日 07:10  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

アルメニアの首都エレバンで2022年11月23日、軍事同盟「集団安全保障条約機構」の首脳会議での記念撮影を終えたロシアのプーチン大統領(右)とアルメニアのパシニャン首相=AP

 アルメニアのパシニャン首相が23日、ロシアのプーチン大統領も参加した軍事同盟「集団安全保障条約機構」(CSTO)首脳会議の宣言案などへの署名を拒否した。隣国との紛争でCSTOが支援しない不満があるためだ。加盟国間の軍事衝突などの問題も表面化。ウクライナ侵攻開始から9カ月が過ぎ、ロシア主導の軍事同盟は崩壊の危機に直面している。


 「アルメニアに対するアゼルバイジャンの侵略へのCSTOの対応が、いまも決まらないのは残念だ」


 アルメニアの首都エレバンで開かれた加盟6カ国の首脳会議。冒頭、パシニャン氏はこう不満を訴え、「アゼルバイジャンにとってはアルメニア侵略への青信号と解釈される可能性がある」と強い危機感を示した。円卓の隣に座るプーチン氏を意識した発言なのは間違いない。


 今年はCSTO前身の集団安全保障条約の調印から30年、CSTO設立から20年の節目だが、「残念だが、とても祝う気分ではない。この2年間で、少なくとも3回は侵略を受けたのだ」とまで言った。アルメニアへの攻撃をアゼルバイジャンの「侵略」と認めるよう求めているとみられる。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • さあ、どんどん弱体化させていけ。
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(76件)

前日のランキングへ

ニュース設定