必要なのは「厚手の鍋」ひとつ! ねっとり甘い「焼き芋」が 加熱するだけで簡単にできる

0

2022年11月25日 20:22  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

香ばしくて、甘くて、ねっとりとした味わいの石焼き芋を自宅で再現! 必要なのはお米が炊けるくらいの厚手の鍋ひとつ。さつまいもを入れて加熱するだけ!

石焼き芋風の味を再現! 必要なのはさつまいもと厚手の鍋ひとつ

香ばしくて、甘くて、ねっとりとした味わいの石焼き芋。焦げ目の部分からは、さつまいもの蜜がジュワッとにじみ出て……。あの味を一度食べてしまうと、普通のふかし芋じゃ満足できない。そんな風に思ったことはありませんか?

そこでこの味を自宅でも再現。必要なのはお米が炊けるくらいの厚手の鍋ひとつ。これにさつまいもを入れて、ふたをしたら極々弱火でゆっくりと加熱します。弱火なので焦げ付くこともなく、鍋の中がオーブンのようになって、さつまいもの甘みを引き出します。

できたてはホクホク、時間を置いたものはしっとり。思う存分焼き芋を楽しめますよ。

材料(2人分)

・さつまいも:3〜4個(約600g)

作り方・手順

所要時間:60分

1:さつまいもを鍋に並べる


さつまいもを洗って、鍋に並べます。一番小さい弱火にかけたらふたをして、30〜60分加熱します。


さつまいもが小さいものの場合は30分、大きいものなら60分かかります。様子をみながら加熱していきます。

2:さつまいもをひっくり返す


15分ほどしたら、さつまいもをひっくり返します。以後、15分ごとにさつまいもをひっくり返します。

3:仕上がりの確認


竹串をさして、スッと通ればできあがりです。焦げ目のところからさつまいもの糖分が蜜のようににじんでいれば、甘みが最大限に引き出されています。
蜜はさつまいもの品質や品種にもよって、出方が違ってきます。竹串のささり具合を仕上がりの参考にしてください。

4:新聞紙にくるむ


すぐに食べると、ホクホクの食感が味わえます。時間を置いて食べる場合は、新聞紙にくるんで保温しておきます。1時間以上経つと、しっとりとした味わいになっています。

また、粗熱がとれたらラップして、冷凍すれば1カ月保存できます。食べるときは自然解凍して食べてください。

ワンポイントアドバイス

筆者はVita Craft社の5層のステンレス鍋を使用しています。ずっしりと重いホーロー鍋でも作れます。また、筆者一押しのさつまいもは安納芋。なかでも種子島で採れる蜜芋は、出回り数は少ないですが、安納芋の中では、ダントツの甘みを誇ります。スイーツにも負けないくらいの甘さが魅力です。
(文:江戸野 陽子(レシピガイド))

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定