【サッカーW杯】日本代表、歴史的金星の舞台裏 ロッカールームで吉田麻也がほえる「きょう俺たちが歴史を変えよう」

6

2022年11月26日 10:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

森保一監督 (C)ORICON NewS inc.
 23日に行われたサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組初戦で、日本がドイツに2-1と逆転勝利し、勝ち点3を獲得した。この試合の舞台裏の模様を収めた動画が25日、日本サッカー協会公式YouTubeチャンネルに投稿され、ロッカールームの様子や選手インタビューなどの貴重映像が公開されている。

【動画】歴史的金星の舞台裏!「きょう俺たちが歴史を変えよう」吉田麻也がほえる(ロッカールームの模様は17分〜)

 投稿された動画では、強豪・ドイツとの試合前のロッカールームの様子などを紹介。円陣を組んだ選手らに、キャプテンの吉田麻也が「ドイツは俺らに負けるなんて1ミリも思ってないぞ。絶対チャンスあるから。そこに絶対スキがあるから」と鼓舞し、「歴史を変えてきた奴らは絶対に勇気を持ってる、前進した奴だけだからな。きょう俺たちが歴史を変えよう」と呼び掛け、全員で気合いを入れた。

 試合は前半33分、ドイツにPKを献上し先制されてしまう。ハーフタイムのロッカールームでは、森保一監督が「失点を抑えて、我々はチャンスを待つ。チャンス作れるよ」と冷静に呼び掛ける。円陣を組んだ際にはGK・川島永嗣、DF・長友佑都がチームの士気を上げつつ、最後は吉田が「行くぞ!」と力強く締めて後半に挑んだ。

 追う形となった日本は、後半30分にMF・堂安律がシュートを放って同点ゴールを決めると、続く38分にFW・浅野拓磨が勝ち越しゴールを決め、逆転。“ドーハの歓喜”と呼ばれる歴史的な金星を挙げた。

 この動画には「試合前の吉田選手の円陣には感動して涙出ましたわ」「長友、吉田麻也などベテラン選手が雰囲気づくりやアドバイスなどで如何にチームに貢献しているかが分かる素晴らしい動画ですね!!」「吉田選手の言葉で鳥肌立ちました!!」と感動の声が続々と寄せられている。

 日本はあす27日午後7時から、コスタリカ戦に臨む。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 共産党の複数の議員が、日本が勝って残念だ⇒同意しますとか、歴史的な大チョンボをしてます。
    • イイネ!7
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定