秋アニメ「TIGER & BUNNY 2」プレイスメント参加企業インタビュー【第28回 GDO】

0

2022年11月26日 17:51  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

GDO/『TIGER & BUNNY 2』パート2 キービジュアル(C)BNP/T&B2 PARTNERS
アニメ『TIGER & BUNNY 2』パート2がNetflixにて2022年10月7日より配信となる。今回、「アニメ!アニメ!」では配信に先駆け、作品にロゴが登場するプレイスメント参加企業にメールインタビューを実施。作品に対する思いや本企画への参加動機を語ってもらった。

第28回目はダブルチェイサー (パート2)でロゴが登場した「GDO」に話を伺った。





第28回 GDO



――『TIGER & BUNNY』という作品のことはご存じでしたか?

私自身は社内でプレイスメント応募の話が出るまでは存じ上げませんでしたが、見たことがある、知っているという社員もけっこうおりまして、とても有名ですごい作品であると説明されました。

――今回、キャラクタープレイスメントに応募しようと考えた理由や、応募に至った経緯をお教えください。

熱心なタイバニファンのプロジェクトメンバーから直談判を受けまして、その熱意に根負けしたというのが正直なところです。
ただ、GDOがほとんど関わったことのない分野ですし、昨今のアニメブームとその経済効果を考慮してもおもしろい取り組みだなと思い応募することにしました。

――タイバニファンの熱意がすごいですね! 本作を知り、どんなところに惹かれましたか?

前作では各ヒーローの個々の活動と全員でのチームプレーが主でしたが、『TIGER & BUNNY 2』ではバディシステムを取り入れることで相棒とより深く向き合う、信頼を築くということが描かれています。
そのためには、自身が思い描くヒーロー像と相棒が思うヒーロー像をすり合わせ、より新しいヒーロー像へ共に向かっていくことが必要だと思います。
ワイルドタイガーとバーナビーの2人、そのほかのヒーローたちもそうすることでどのように成長し、どういうヒーローへと進化していくのか、本作でファンのみなさまと一緒に見守りたいと思います。

――応募後、プレイスメント企業に決まるまでは社内外ではどんな調整を行いましたか?

多くの企業が応募したことを表明していましたので、正直選ばれるとは思っていませんでした。ただ、万一選ばれた際には当然関わる社員たちのリソースや予算が必要となるので、上役や社内の関係各所への相談、協力の取り付けなどの調整を行いました。

――企業側から見た『TIGER & BUNNY』のプレイスメント施策のおもしろさは、どんなところでしょうか?

通常のスポンサーとなると、普通は作品やキャラに「宣伝してもらう」というカタチになりますが、タイバニのプレイスメントは逆に、自社のロゴを背負うヒーローをこちらが「宣伝する」「応援したくなる」というところがおもしろいですね。

――実際にロゴが掲載されたデザインを見たときはいかがでしたか?

アニメの世界の中にGDOのロゴが登場することに不思議な気持ちを感じつつも、ダブルチェイサーにロゴが載っているのがバイクレースのバイクに貼ってあるロゴステッカーのようで、カッコいいな!と思いました。

――『TIGER & BUNNY』での、御社がプレイスメント企業として参加しているキャラクターの印象はどのようなものでしたでしょうか?

ワイルドタイガーとバーナビーの2人を最初見たときは、特撮ヒーローのような出で立ちだなと思いました。中身というか素顔のほうもシュッっとしているなと。
でも、ヒーローに対する熱い気持ちや各々が望むヒーロー像があり、すごく真面目というか真摯だなという印象です。

――プレイスメント企業の参加が決まり、どのような反響がありましたか? また、今後期待することはありますか?

プレイスメントの発表とともに、ワイルドタイガーとバーナビーの2人がゴルフをする映像を公開しましたが、TwitterやYoutubeで多くのファンの方からの反響があり、大変うれしいです。
ゴルフをしない方にはあまり縁のない企業ですが、GDOはゴルフを通してあそび、そして人生を豊かにすることを目指しています。
プレイスメント企業としてタイバニに携わることで、多くの人々にゴルフを知ってもらい、そして「あそびのある人生」を楽しんでもらいたいと思っています。



Netflixシリーズ『TIGER & BUNNY 2』作品情報


2022年10月7日(金)Netflixにてパート2(14〜25話)全世界独占配信スタート!

<MAIN STAFF>
監督:加瀬 充子
シリーズ構成・脚本・ストーリーディレクター:西田 征史
キャラクターデザイン・ ヒーローデザイン:桂 正和
企画・原作・制作:BN Pictures

<MAIN CAST>
鏑木・T・虎徹(ワイルドタイガー):平田 広明
バーナビー・ブルックス Jr.:森田 成一
カリーナ・ライル(ブルーローズ):寿 美菜子
ライアン・ゴールドスミス(ゴールデンライアン):中村 悠一
ネイサン・シーモア(ファイヤーエンブレム):津田 健次郎
キース・グッドマン(スカイハイ):井上 剛
イワン・カレリン(折紙サイクロン):岡本 信彦
アントニオ・ロペス(ロックバイソン):楠 大典
ホァン・パオリン(ドラゴンキッド):伊瀬 茉莉也
ラーラ・チャイコスカヤ(マジカルキャット):楠木 ともり
仙石 昴(Mr. ブラック):千葉 翔也
トーマス・トーラス(ヒーイズトーマス):島崎 信長
ユーリ・ペトロフ:遊佐 浩二

(C)BNP/T&B2 PARTNERS

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定