「祈りのカルテ」8話、原田泰造“広瀬”が玉森裕太“諏訪野”に振る舞った焼きそばの具に親子を感じる視聴者続出

0

2022年11月27日 00:21  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」第8話(C)NTV
「祈りのカルテ」8話が11月26日放送。原田泰造演じる広瀬が諏訪野に振る舞った焼きそばの“具”に「魚肉ソーセージだったか!!親子」「魚肉ソーセージ焼きそば一緒に食べてるのなごむ」といった反応が視聴者から寄せられている。

現役医師であり人気作家でもある知念実希人の累計18万部突破ベストセラーシリーズをドラマ化。研修医が1話ごとに変わる研修先の診療科で、医者として成長しながら患者たちと真摯に向き合って、心の謎をカルテから解き明かすハートウォーミングミステリーが展開している。

純正医科大学附属病院で研修医をしている諏訪野良太役で「Kis-My-Ft2」玉森裕太が主演。共演には母が病に倒れた諏訪野の同期・曽根田みどりに池田エライザ。優秀な外科医である父のもとで育った冴木裕也に矢本悠馬。保育士から転身して医学部に入った牧村康雄に濱津隆之。父が病院長で優秀な医者などを婿養子に迎えたいと思っている橘麻友に堀未央奈。橘のことが気になる谷川聖人にYU。

前回、諏訪野の実の父であることが判明した広瀬秀太に原田泰造。研修医たちを常に優しく見守る精神科医の立石聡美に松雪泰子。純正医科大学附属病院の優秀な外科医・冴木真也に椎名桔平といったキャストを迎える。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

諏訪野は冴木から預かったスクラブを広瀬に届ける。「広瀬さんが冴木先生たちと同期なんて知らなかったです」と話し、続けて「なんでやめたんですか?」と聞く諏訪野に対し理由をはぐらかす広瀬。そんな広瀬に諏訪野は「今度サウナ行きましょう」と無邪気に誘う。

その際、広瀬は諏訪野に焼きそばを振る舞うのだが、その具は魚肉ソーセージ。諏訪野の好物である魚肉ソーセージを使った焼きそばを振る舞ったことに気付いた視聴者からは「諏訪野先生が魚肉ソーセージ好きなの知ってんだね」「ソーセージは気づいたけど魚肉ソーセージだったか!!親子」「魚肉ソーセージ焼きそば一緒に食べてるのなごむ」といった反応が。

一方、諏訪野の知らないところで広瀬は真也に対し、良太が家に来ないよう言ってくれと懇願していた。諏訪野と会うつもりはないと語る広瀬は「良太が医者になった姿も見たし、一緒に飯も食った。もう充分だ」と胸の内を吐露する。真也から逃げるように自宅の扉を閉めた広瀬は、座布団にうずくまる。そして顔を上げると口から血を吐いていて…。その後、諏訪野が再び広瀬のもとを訪れる。少し開いた窓から中をみると広瀬は倒れており、諏訪野が中に入ると口から血を流して意識を失っていた…。

次回予告では「息子にこんな姿、見せたくないんだよ…」と苦しそうな表情を浮かべていた広瀬。視聴者からも「広瀬さん、いや良太パパ別の病院で診てもらったのは嘘やったんやね。どうか助かって」「広瀬さんが心配だな…どうなるのかめっちゃ気になる」「笑顔で親子の絆 諏訪野先生と確認出来ますように」などの声が上がっている。

【第9話あらすじ】
自宅で喀血して倒れた広瀬は純正医大で意識を取り戻す。諏訪野と真也は検査を勧めるが、広瀬は「分かってるから、自分の病気」と検査を拒否。他の病院で調べたと言う広瀬は自分が悪性胸膜中皮腫のステージ4…末期のガンに侵されていることを明かし、諏訪野たちが目を離した隙に姿を消してしまう…。

「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録」は毎週土曜22時〜日本テレビ系にて放送中。9話は12月10日(土)放送。




(笠緒)
    ニュース設定