『Birth of Chimera』で『カクレンジャー』同窓会 メイキング第3弾

0

2022年11月27日 09:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

TTFC『Birth of Chimera』メイキング第3弾が配信(C)東映特撮ファンクラブ (C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
 東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信中の『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』(全5話)に続く、グローバルボーイズグループ・JO1の豆原一成主演のTTFCオリジナル『仮面ライダーリバイス』スピンオフ配信ドラマ第2弾『Birth of Chimera』のメイキング第3弾が完成した。

【写真】懐かしのポーズを披露するカクレンジャーたち

 『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア』の前日譚として描かれた『Birth of Chimera』は、劇場版や『仮面ライダーリバイス』キャストの出演だけでなく、『忍者戦隊カクレンジャー』の当時のメンバーが集まったことでも話題となった。

 サスケ/ニンジャレッドの小川輝晃(外海雅人役)、鶴姫/ニンジャホワイトの広瀬仁美(大谷和美役)、ジライヤ/ニンジャブラックのケイン・コスギ(アヅマ役)、そしてニンジャレッドのスーツアクターを務めた高岩成二(大谷晃成役)、さらにニンジャホワイトのスーツアクターだった村上利恵も駆けつけて“同窓会”のように28年前を懐かしむメンバーたち。『Birth of Chimera』の劇中では決して見ることができない、笑顔がいっぱいの和やかな撮影現場の舞台裏を見ることができる。

 そして『仮面ライダーリバイス』キャスト出演シーンの裏側も。「レジェンド」と呼ぶケイン・コスギとの1対1の格闘シーンに挑み、小松準弥(門田ヒロミ役)は終始ニヤニヤ。濱尾ノリタカ(ジョージ・狩崎役)も坂本浩一監督から受ける変身ポーズの演出にニヤニヤ。見ているこちらもニヤニヤしてしまうメイキング第3弾となる。

    オススメゲーム

    ニュース設定