『リバイス』大二&さくら&ジョージ&花&玉置が同時変身 映画本予告映像で龍騎&ナイト&王蛇も

19

2022年11月27日 09:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』本ビジュアル 「ギーツ/リバイス」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
 今年8月までテレビ朝日系で放送された仮面ライダー50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』、そして現在放送中の最新作『仮面ライダーギーツ』という2つの作品がクロスオーバーする劇場版最新作『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』(12月23日公開)の本予告映像が解禁となった。

【動画】『リバイス』大二&さくら&ジョージ&花&玉置が同時変身 映画本予告映像解禁

 本作は、『リバイス』本当の“最後の物語”から始まる第1部、『ギーツ』×『リバイス』共演による最悪のゲームへと突入する第2部で構成される。「何者かに世界を作り変えられた可能性がある」という衝撃的な一言で幕を開け、仮面ライダー同士による大激戦をとらえた本映像。デザイアグランプリに招集された浮世英寿(簡秀吉)たちに待ち受けていたのは、何者かによって作り変えられた新たなゲーム“デザイアロワイヤル”。怪しい人物によるゲーム開始の合図とともに映し出されるのは、緊迫した様子で駆け抜けるジャンヌやバッファ、さらには大二(日向亘)、さくら(井本彩花)、ジョージ・狩崎(濱尾ノリタカ)、夏木花(浅倉唯)、玉置豪(八条院蔵人)らが一斉に変身し、何者かと激しいバトルを繰り広げる。

 そして仮面ライダー龍騎、ナイト、王蛇、リュウガら“レジェンドライダー”たちも加わり、「この戦いに正義はない!」という衝撃のナレーションに乗せ、生き残りを賭けたライダーたちによるし烈な戦いが収められている。

 「何があってもゲームクリアは譲れない」と英寿が宣言し、対峙するギーツとリバイス、妖しくほほえむツムリ(青島心)とジョージ・狩崎、そして炎の中で倒れ込む一輝。『仮面ライダーギーツ』vs『仮面ライダーリバイス』vs『仮面ライダー龍騎』の時代を超えた壮大なバトルゲーム、前代未聞の大激戦を制し最後に勝ち残るのは誰か。劇場でしか見られない、頂点の座と生き残りをかけた“史上空前のライダーバトルロワイヤル”は一瞬たりとも目が離せない。

 また、12月2日から「プレミア前売券」の発売がスタート。「仮面ライダーバイスIDコア」が特典に決定いた。別売りの『DXデザイアドライバー』にセットして遊ぶことも可能となる。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • ギーツは話の展開が遅すぎて飽きてきた。リバイスはもう消えていいかな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定