接着剤で目は開かず……風邪でフラフラな子猫を保護 初めて猫を迎える決意をした保護主の勇気に「ありがとう」の声

11

2022年11月27日 21:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

息も絶え絶えの子猫を保護

 YouTubeチャンネル「ねこのさらん」に投稿された、子猫を保護したときの動画が「保護された勇気に感謝します!」「状態の悪い子を臆せず触って保護してくださったこと感謝です!」と話題になっています。動画は記事執筆時点で45万4000回再生を突破、7000件を超える高評価を獲得。



【画像】瀕死の子猫を保護



 話題となっているのは、瀕死の状態で保護された子猫です。ある日、投稿主「ねこのさらん」さんの車の下に偶然入って来た子猫は、目が見えていないようでフラフラしており、息も上手にできていない様子でした。



 猫と一度も暮らした経験のなかった投稿者さんでしたが、迷わず保護してすぐに近くの動物病院へ連れていきました!



 目が見えていなかったのは、それもそのはず……なんと、子猫の目には接着剤が! 顔についていた接着剤を優しく拭き取ってもらいます。子猫は、重度の風邪と栄養不足。体重は1キロにも満たず、あまりに痩せているため生まれた日も判断ができません。ごはんが食べられなくても“お薬だけは必ず飲ませるように”と、飲ませ方を獣医師に教えてもらいます。



 そんな状態でも、探している飼い主さんがいる可能性があるため、投稿者さんは警察に届け出をしました。そのまま警察署に預けることもできたのですが、飼い主が現れない場合、その先には殺処分という選択肢もちらつきます。そうなるくらいなら取りあえず3カ月は自分が預かろうと決心し、トイレの砂とキャットフード、猫用ミルクなどを慌てて購入し、子猫と帰宅。



 初めて猫と一緒に暮らすことになった投稿者さん。「トイレしてくれるかな?」「ごはんを食べてくれるかな?」と不安を抱えてチャレンジしますが、最初はうまくいきません。せめて飲み物だけでも採ってもらおうと、スポイトで猫用ミルクを与えると、ペロペロとなめてくれ……ごはんも手から食べてくれるようになり、一安心。トイレも、砂を入れるトレイを替えたら上手にできるようになりました!



 保護したときは正直「もうダメかもしれない」と思っていた子猫は、少しずつ家に慣れ、ごはんも残さないようになり、お薬もちゃんと飲めて、元気を取り戻していきます。何より、思いがけず始まった子猫との暮らしが、家族を明るくし、毎日家に帰ることが楽しみに!



 警察からは後日連絡があり、「3カ月後までに飼い主が現れなかった場合、子猫は投稿者さんの所有物となり、やっぱり育てられないからと捨ててはいけない」という書類にサインをしてあります。もし3カ月の間に飼い主が現れたら……? あんなにボロボロで放置されていた子猫を「はいどうぞ」と渡せるのか複雑な思いもありますが、「できる限りのことをしてあげよう」と決心した投稿者さんなのでした。



 動画には「このまま投稿者さんのうちの子になれたらいいな…って思います」「ずっとのお家になれますように」「良い人に出会えた猫ちゃん、きっといい家族になれることを願っています。3カ月後にはきっとみんなが幸せになれますことを祈っています」と、子猫には投稿者さんのお家の子になってほしいと願うコメントが寄せられました。



 初めて迎えた保護子猫との日々はあっという間にすぎていきます。保護して3カ月を迎える日、家で1人で連絡を待ったという投稿主さん……。命が危険な状態でさまよっていた子猫は、今は「さらん」ちゃんという名前で投稿主さんのお家ですくすくと元気に育っています。



 保護されたさらんちゃんと、猫を迎えるのが初めてだった投稿者さんの幸せな毎日は、YouTubeチャンネル「ねこのさらん」や、Instagram(@nekonosaran)で見られます。



画像提供:YouTubeチャンネル「ねこのさらん」


このニュースに関するつぶやき

  • うちで最後に飼った子も家の前で見つけた時、よちよち歩きやのにノミ取り首輪してるから電柱やらコンビニやらに張り紙したのについぞ飼い主は現れんかった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定