ワールドカップ初出場は苦い敗戦に…山根「自分の特徴を出しやすい相手だったので…」

0

2022年11月28日 03:07  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真
 日本代表DF山根視来が、27日に行われたFIFAワールドカップカタール2022のグループE第2節・コスタリカ代表戦(●0−1)を振り返った。

 酒井宏樹の負傷もあり、右サイドバックとしてコスタリカ戦に先発した山根は、初めてW杯の舞台に立ったことを受け、「嬉しさがありましたけど、今日の相手は自分の特徴を出しやすい相手ではあったので、何かを起こせれば良かった」と語り、持ち味の攻撃参加を生かしきれなかったことを悔やんだ。

 また、全体的にミスが多かったことに関しては、「入ってきたところにしっかりくるところはありましたけど、逆にそれを利用してワンタッチでフリックとか、斜めを使っていくところはできていたシーンもあった。そこは本当に際のとこで、相手が集中していた印象」との見解を示しつつ、「点を取るためのアイディアはもう一工夫必要だったなと思います」と課題も口にした。

 今回の敗戦により、グループリーグ突破には最終節での勝ち点奪取が必須となったが、「まだ全然、自分たちで突破していく可能性がある。いいリカバーをして次に繋げたい」と、12月1日(28時キックオフ)に行われるスペイン戦に向けて気持ちを切り替えた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定