Superfly、映画『イチケイのカラス』主題歌 最新予告映像も解禁

0

2022年11月28日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『イチケイのカラス』(2023年1月13日公開)主題歌はSuperflyの「Farewell」に決定
 俳優の竹野内豊と黒木華が“裁判官バディ”を演じたフジテレビ系“月9”ドラマのその後を描く、映画『イチケイのカラス』(2023年1月13日公開)の主題歌が、Superflyの新曲「Farewell」に決定。荘厳なゴスペルとドラマティックなストリングス、そしてSuperflyのエモーショナルな歌声が織りなす、心を揺さぶる感動的なビッグバラードだ。

【動画】『イチケイのカラス』壮大な結末を予感させる最新映像

 2007年4月4日にシングル「ハロー・ハロー」でメジャーデビューを飾り、「愛をこめて花束を」「Beautiful」「フレア」など、今日に至るまで数々のヒット曲を世に送り出してきたSuperfly。デビュー15周年となる今年は「Voice」、「ダイナマイト」、「Presence」と立て続けに新曲をリリースし、年末には「第73回NHK紅白歌合戦」に出場することも決定している。そんなSuperflyの勢いは2023年も続きそうだ。

 新年早々に公開となる映画『イチケイのカラス』の主題歌「Farewell」は、「映画主題歌としては初めて、叶わぬ想いをモチーフにした曲を書き下ろさせていただきました。叶いはしなかった想いだけど、“大切な人を想う"その気持ちを抱けたことを大事にしたいなと思い、そんな気持ちが昇華されるような祈りの曲をつくりました」と、Superfly。「どうか映画と一緒に楽しんでいただけたらと思います」と呼びかけている。

  主題歌の心に響くメロディとともに、最新予告映像も解禁となった。事件の闇の深さを感じさせる意味深なせりふの数々、そして坂間(黒木)や登場人物たちの目からあふれる涙――。イージス艦の衝突事故、地元大企業の秘密、2つの事件に隠された真実とは? そして真実の先に待つものは? 随所に、新旧イチケイメンバーのくすっと笑えるような動きや掛け合いも楽しめる。

 自由奔放で型破りな裁判官・入間みちお役の竹野内は「Superflyの越智志帆さんとお会いしたのは13年前。当時、私が参加していたドラマの打ち上げ会場に来てくださり、スタッフの労をあのパワフルな歌声で吹き飛ばしてくださった。今回、『映画イチケイのカラス』の主題歌で再びご縁があり大変光栄に思います」と、感動。

 さらに「この混沌とした時代の中、生きていればいろいろな試練に直面し、それを乗り越えるため時に立ち止まり考える…誰もが思い当たる事があるのではないでしょうか。失敗を恐れ、一歩踏み出す勇気が出ない、そんな時に、Superflyさんの優しくて強い歌声に、そっと背中を押してもらえると思います」と、コメントしている。


動画を別画面で再生する



    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定