ガリガリで遺棄されたペルシャ猫、いじらしくフミフミするも救えなかった…「マイクロチップは万能ではない」

8

2022年11月28日 07:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

雨の公園で保護されたペルシャ猫、ペペ(写真:ねこけんブログより)
 コロナ禍でペット需要が増し、保護犬・猫の譲渡を希望する人も増えたという。だが、行動制限もなくなった現在、犬や猫が遺棄されるケースがよくあるそうだ。小雨が降る公園をさまよっていたペルシャ猫「ペペ」も、おそらく遺棄された猫。一命を取りとめたペペには、今年6月から事業者に義務化されたマイクロチップが装着されていたが――。NPO法人『ねこけん』代表理事・溝上奈緒子氏に、話を聞いた。

【写真】「涙が止まらない…」回復したように見えたのに…ちゅ〜るでフミフミする可愛いペペ

■遺棄? 雨の公園をさまようガリガリのペルシャ猫、朦朧としながらも前脚フミフミ

 その小柄なペルシャ猫が運び込まれたのは、10月の半ば。『ねこけん』のボランティア仲間である団体が、保護してきたのだという。猫はガリガリで、ひどい脱水に低血糖、体温も低く、朦朧としていた。腹水もたまっており、体の状態は極めて危険。

 「何日間か、公園の中をさまよっていたようです。通報を受けたボランティアの方が飛んでいって保護したものの、かなり弱っていて」

 長い毛には落ち葉がからみ、毛玉が固くなってしまっている。片目は白濁して目やにがあふれ、陰部からは膿のようなものが流れていた。あまりに悲惨な状態の猫を見て、「もっと早く保護ができていれば…」と、やり場のない感情が渦巻いたという。

 ねこけん病院の獣医師たちが保温、点滴、目やにのふき取りなどの処置を行うと、朦朧としていた猫は少しだけ頭を持ち上げるようになった。ちゅ〜るをあげてみると、弱々しいもののペロっと舐める。そして、こんな状態になりながらも、前脚でフミフミを繰り返す姿がどうにもいじらしかった。

 「いまだ外で生きる猫もいますが、ペルシャ猫というのはかなり珍しい。迷子であれば届け出が出ていたり、張り紙が出されていたりします。でも、飼い主が探している様子はなく、盗まれて捨てられたとも考えにくい。おそらく、遺棄されたのではないかと思います。そして、この猫にはマイクロチップが入っていました」

 2022年6月から、ペットショップやブリーダーなどで販売される犬や猫には、マイクロチップの装着が義務付けられている(一般の飼い主には努力義務)。それを考えると、「猫を遺棄したのは、ブリーダーやペットショップ、またはそこから購入した人なのではないか」と推測されるという。

 その後、入院して治療を受けることになったペルシャ猫。ボランティアから「ペペ」という仮名をもらい、少しずつ元気を取り戻していった。だが、治療の中で、ペペはFIP(猫伝染性腹膜炎)であることが発覚。その治療も進められ、ペペはこのまま回復するかに思われた。

 「高度医療が受けられる病院で治療できたものの、ペペは逝ってしまいました。かなり手を尽くしたけれど、助からなかった。あんなにひどい状態になっていたペペ、なんとかして幸せにしてあげたかったです」

 残念ながら、救うことができなかったペペ。なぜペペがこんな目に遭わなければいけなかったのか、その理由は今となってはわからない。マイクロチップは、飼い主や販売事業者が、いなくなった犬猫を探す際に役立ち、また無責任な遺棄を抑制する効果も期待できると言われている。だが今回、マイクロチップに対するジレンマも感じたそうだ。

 「もともと可愛がられていた猫が迷子になってしまったのなら、マイクロチップに登録された飼い主情報を調べて、返すことができます。でも、ペペのようにひどい目に遭った猫の場合、チップをたどって飼い主や事業者に返したとしても、また悲惨な状態に逆戻りする可能性があります。いくらマイクロチップが装着されるようになっても、元に戻せばすべてが解決するわけでもなく、万能でもありません」

 そのため、「ペペが生きていたら、チップがあっても元の飼い主には伝えようとは思いませんでした」と語る溝上代表。だが、ペペはもういない。

 「登録情報を調べて、ペペがなぜこんな目に遭わなければいけなかったのか、追及したいと思います」

このニュースに関するつぶやき

  • 昔純血のチンチラを拾った。恐らく遺棄された冬の駐車場でずっと待っていたのかガリガリで猫エイズを患っていて保護して1年で亡くなった。暖かい部屋で看取れたことだけが幸い。
    • イイネ!4
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定