「すずめの戸締まり」制作でもAWSが活躍 レンダリングで活用 エンドロールにも……

1

2022年11月28日 16:32  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

(c)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

 11月11日に公開となった新海誠監督の映画最新作「すずめの戸締り」。制作に当たってはレンダリングなどの用途にクラウドサービス「Amazon Web Services」を活用しており、エンドロールにもAWSのロゴが載っているという。実際にクラウドで制作環境を構築・提供したシリコンスタジオ(東京都渋谷区)が発表した。



【その他の画像】



 シリコンスタジオはクラウドを活用したレンダリング環境をAWSで構築。さらに、オンプレミスとAWS環境を組み合わせてレンダリングできる環境も設計・構築し、映画を制作したコミックス・ウェーブ・フィルム(東京都杉並区)に提供した。一連のシステムは映像制作ソフト「After Effect」や3Dモデリングソフト「3ds Max」「Houdini」などとも連携できるという。



 環境の構築には、仮想サーバ「Amazon EC2」のうち、途中で利用を中断される可能性がある代わりに、安く利用できる「スポットインスタンス」を活用。レンダリングの管理などを行える「AWS Thinkbox Deadline」も組み合わせて設計したという。



 シリコンスタジオはゲーム業界向けの開発支援やミドルウェアの提供、人材派遣などを手掛ける企業。米Googleが提供しているクラウドゲーミングプラットフォーム「Stadia」などにもミドルウェアを提供している。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定