『with』伊野尾慧&有岡大貴が表紙飾り“フルリニューアル” 「ビジュアルインタビュー誌」に生まれ変わる

0

2022年11月28日 17:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『with』リニューアル創刊号の表紙を飾る伊野尾慧&有岡大貴
 講談社のファッション誌『with』のフルリニューアルが28日、発表された。「親密な時を届けるビジュアルインタビュー誌」として内容を一新し、リニューアル創刊号(12月15日発売)はHey! Say! JUMPの伊野尾慧と有岡大貴が表紙を飾る。

【画像】そっくり!アニメ『サザエさん』に登場した伊野尾慧

 41年前、『with』創刊時のテーマは“Culture Magazine for Your Life”。その想いと長年愛されてきた名前を引継ぎ、ハイクオリティなビジュアルとインタビューに重点を置いた新生『with』がついに始動する。「親密な時を届けるビジュアルインタビュー誌」と銘打ち、毎号を“永久保存版”といえるような贅沢な内容で構成。アーティストや俳優、カルチャーの最前線を担う皆様の魅力を、深く広く届ける。

 リニューアル創刊号となる1月号のカバーは、約6年半にわたり同誌の人気連載「Boys,be……!」に登場し人気を得てきた伊野尾と有岡にオファー。

 この秋、Hey! Say! JUMPとしてデビュー15周年の節目を迎えたふたり。活躍の場を広げ、進化を続ける日々にあっても、ふたりの間に流れる絶妙な空気感はずっと変わることなく、いつまでもそのまま。なにやらおしゃべりしてはケタケタと笑いあったり、少年ぽくふざけあったり。「変わること、変わらないもの。」をテーマに掲げた最終号を経て再び動き出した『with』にとって、自分たちらしく、互いに高めあいながら歩みを進めるふたりは、まさに“今、想いを託したい存在”そのものだった。

 約8ヶ月ぶりとなった撮影時、「なんか『with』なのに『with』じゃない不思議な感じ! 生まれ変わる『with』で、よく知っているスタッフさんに取材してもらって、いのちゃんとふたりで出られるのは嬉しい」(有岡)、「びっくりしました。まさかこんなに早く!」(伊野尾)と語っていた2人。フォトグラファー・土屋文護氏によるファッションシュートでは、おそろポーズを、スタジオを飛び出しある場所で行われたロケでは相変わらずのチャーミングなかけあいを披露している。
    ニュース設定