映画動員ランキング:『すずめの戸締まり』V3、2位『転スラ』、3位『母性』初登場

2

2022年11月28日 17:10  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『すずめの戸締まり』(公開中)(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会
 最新の全国映画動員ランキングトップ10(11月26日・27日、興行通信社調べ)は、新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』が、土日2日間で動員61万2000人、興行収入8億4300万円をあげ、3週連続の1位を獲得した。累計成績は動員460万人、興収62億6900万円となっている。

【画像】初登場の新作は3本、TOP10入り作品

 2位には、ライトノベルを基にした異世界ファンタジーアニメ『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』が初登場。土日2日間で動員22万5000人、興収2億9700万円をあげた。累計成績では、動員31万3000人、興収4億1600万円を記録。テレビアニメ第1期と第2期を経て、ストーリー原案を原作者の伏瀬(ふせ)が担当した完全新作映画となっている。監督は菊地康仁、声の出演は岡咲美保、内田雄馬。また、劇場版オリジナルキャラクターの女王トワ役を福本莉子が担当している。

 3位には湊かなえの小説を映画化した『母性』が、土日2日間で動員6万4000人、興収9000万円で初登場。11月23日から公開されていることから、累計では動員17万2000人、興収2億2600万円を記録している。戸田恵梨香と永野芽郁が“娘を愛せない母”と“母に愛されたい娘”を演じており、2人が同じ時・同じ出来事を回想しているにもかかわらず、話が次第に食い違っていく。監督は廣木隆一、共演は大地真央、高畑淳子、ほか。

 7位には、伝説的な冒険一家の親子3世代が、奇妙で不思議な世界へと足を踏み入れるアニメーション『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』が初登場。監督は『ベイマックス』のドン・ホール、声の出演は主人公サーチャー・クレイド役にジェイク・ギレンホール、偉大な冒険家の父イェーガー役にデニス・クエイド、息子のイーサン役にジャブーキー・ヤング=ホワイト。日本語吹替版では、サーチャーを原田泰造、イェーガーを大塚明夫、イーサンを鈴木福が演じている。

 また、公開3週目にして9位に初ランクインしたインド映画『RRR』は、前週からほぼ成績が落ちることなく根強い人気を見せ、3週連続で10位をキープしている。

■全国映画動員ランキングトップ10(11月26日・27日)
1(1→)すずめの戸締まり(公開週3)
2(NEW)劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編(1)
3(NEW)母性(1)
4(4→)ONE PIECE FILM RED(17)
5(2↓)ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(3)
6(3↓)ある男(2)
7(NEW)ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界(1)
8(5↓)カラダ探し(7)
9(6↓)劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ(6)
10(10→)RRR(6)
※11(7↓)ザ・メニュー(2)

このニュースに関するつぶやき

  • 「RRR」上映時間を考えれば、話題沸騰なんでしょうね!3時間ありますから、如何に面白いか、世間は認識(^^)
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定