29日(火)全国荒天 朝の通勤時や夜の帰宅時に 土砂降りの雨や横なぐりの雨も

38

2022年11月28日 17:49  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

29日(火)全国荒天 朝の通勤時や夜の帰宅時に 土砂降りの雨や横なぐりの雨も

あす29日(火)は全国的に雨や風が強まり、荒れた天気です。朝の通勤時は九州や中国、四国で、夜の帰宅時は近畿から関東で土砂降りや横なぐりの雨となる所があるでしょう。道路の冠水や風による道路の速度規制などにお気をつけください。また、気圧変化が大きいため、気圧低下に伴う頭痛、首や肩のこり、めまい、全身倦怠感、関節痛、低血圧などにご注意ください。



●全国的に風が強まる 局地的には滝のような雨も


あす29日(火)は、全国的に雨も風も強まり、荒れた天気が予想されます。前線を伴った低気圧がふたつ、発達しながらそれぞれ本州付近と北海道付近を進むためです。前線の南側には暖かい空気、北側には冷たい空気があってぶつかり合い、雨雲が発達するでしょう。ポイントは、沿岸部を中心に「風が非常に強い」ことです。低気圧が予想より発達した場合には暴風となることも考えられます。高速道路などでは風による速度規制がかかる所がありそうですので、最新の情報を確認し、時間には余裕をもってお出かけください。また、雨の降る時間は短いものの、降る時は急に土砂降りとなる所がありそうです。激しい雨により、あっという間に道路が冠水するかもしれません。また、沿岸部では横なぐりの雨となる所がありそうです。雨に濡れて体を冷やさないよう、レインコートやタオルなどをお持ちになるとよいでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。


●雨の降る時間や降り方は


九州ではきょう28日(月)の夜遅くから雨雲がかかりはじめ、あす29日(火)の明け方から朝が雨のピークです。激しい雨や雷雨となる所があるでしょう。日中も天気は回復とはいかず、夜にかけて雨が降ったりやんだりしそうです。中国・四国は、あす29日(火)に日付が替わる頃から雨の降りだす所があり、あすの朝から昼過ぎにかけて雨脚が強まるでしょう。通勤・通学の時間帯に雨のピークが重なりそうです。四国では局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。近畿はあす29日(火)の昼頃から夜にかけて、東海は夕方から夜に雨のピークとなるでしょう。帰宅時に激しい雨や雷雨となる所がありそうです。関東は、早い所ではあす29日(火)の昼頃から雨が降り始めます。風が次第に強まるため、少しの雨でも体が濡れてしまう可能性があります。夜は広い範囲に雨雲がかかり、夜遅くなるほど強く降る所があるでしょう。北陸は、あす29日(火)昼前から雨の降りだす所があり、夕方以降は広く雨です。東北も天気が下り坂で、午後は次第に雨の範囲が広がるでしょう。北海道は、きょう28日(月)の夜遅くに雨や雪の降る所がありそうです。あす29日(火)は日中を中心に雨で、局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要です。


●気圧変化大


なお、あす29日(火)は低気圧や前線の通過に伴って各地で気圧が下がり、影響度が「大」となる所が多いでしょう。気圧低下に伴う頭痛、首や肩のこり、めまい、全身倦怠感、関節痛、低血圧などにご注意ください。


このニュースに関するつぶやき

  • 脅しやがって!夕方以降じゃねえか!
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

ニュース設定