介護職20代女性「夜勤月5回までして手取り15万円。奨学金で介護の学校出たのが人生の過ちでした」

11

2022年11月28日 19:20  キャリコネニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネニュース

写真

いくら自分のやりたい仕事・やりがいを感じられる仕事であっても、十分な給料をもらえなければ生活していくことはできない。介護職10年目だという20代後半の女性(大分県/未婚/年収250万円)は、

「奨学金借りて介護の学校に出たのが人生の過ちでした。つくづく『やってられん』と思うし、税金ばかり上がるのに給料は上がらない」

と愚痴をこぼす。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

奨学金の返済額は「月3万円」 実質は月12万円ほどで生活

女性は自身の収入について「正社員で夜勤月5回までして手取り15万円です」と説明。たしかに、夜勤を含めて月15万円ではあまりに安すぎると感じてしまう。女性が、

「介護職は早番・遅番・夜勤と生活リズムも安定しないのにキツイし、あんまりですよね」

と不満を噴出させるのも納得だ。

ちなみに奨学金の返済額は月3万円だという。つまり、実質は月12万円ほどで生活しなくてはならず、女性は、

「とても裕福な生活はしておらず毎月ギリギリだし、こんなんじゃ子どもも育てられないので、結婚も諦めてます……」

「ほんと生きづらい世の中です」

と胸中を吐露した。

介護の需要は、高齢化が進めば進むほど高くなっていくが、介護職の給料が低いままでは、より一層の人手不足に陥ってしまう。これから日本の未来はどうなってしまうのか。

このニュースに関するつぶやき

  • ���Ǥ�������(´ρ`)���Ǥ�������
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定