専業主婦として貯めたへそくり1000万円は、夫が亡くなったら税金がかかるの?

1

2022年11月28日 20:31  All About

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

皆さんからのちょっとしたお金の疑問に専門家が回答するコーナーです。今回は、専業主婦のへそくりについてです。
お金を貯めたい、家計を守りたい、と思っていても、お金にまつわることは難しい……と感じている人もいるのではないでしょうか。皆さんからのちょっとしたお金の疑問に専門家が回答します。

今回は、専業主婦のへそくりについてです。

Q:夫の収入からへそくり1000万円貯めましたが、相続で税金がかかるの?

「結婚してからずっと専業主婦でした。夫の収入から、へそくり1000万円を預金口座に貯めました。このお金は夫が亡くなったら相続の時に課税されるという話を聞きましたが、本当でしょうか?」(50代・専業主婦)

A:名義預金と認定され、相続税を課される可能性が高いです

奥さんが夫の収入からへそくりを貯めた場合、夫が亡くなった時の相続税の考え方について回答します。

相続税において、へそくりを貯めて作ったお金、つまり「相続人(奥さん)名義の預金」をどう考えるのか。

最大のポイントは、そのへそくりが「誰のもの(誰の所有)」であるか、という点です。そのへそくりの実質的な所有者が、被相続人(夫)であるのか、それとも相続人等(妻)であるのか、が重要です。

一般的に預貯金の場合、その口座の名義人(奥さん)が所有者である、と考えると思いますが、相続税の取扱いでは、その名義にかかわらず実質的な所有者は誰であるのか、が重視されます。

奥さんが口座の名義人であっても、仮に夫が口座の実質的な所有者であったと認められる場合には、『名義預金』とみなされて、相続税の計算に含められることになります。

その預金口座の実質的な所有者は誰であるか、の判断については『その名義人に預金を貯める資力、つまり稼ぐ力があったのか』が検討されることになるのです。

例えば、名義人(奥さん)が結婚前から貯めていた場合や他の相続や贈与等で取得した場合、働いて貯めていた場合などは、その預金を貯める収入があったことを裏付ける証拠と共に、実質的な所有者が自分であることを主張してみてください。

配偶者の収入から貯めたへそくりは、名義預金と認定され、相続税を課される可能性が高いので、注意しましょう。

文:坂口 猛(ファイナンシャルプランナー)

税務大学校を卒業後、税理士事務所にて約7年間勤務。大手上場企業等で、財務・会計・税務に従事した後、独立。税金・相続・会計に強い実務派FPとして活躍中。相談業務や、執筆活動をおこなっている。
(文:坂口 猛(ファイナンシャルプランナー))

    前日のランキングへ

    ニュース設定