大谷翔平が2年連続で最優秀DH賞 オルティス以来15年ぶりの連続受賞

21

2022年11月29日 12:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

エンゼルス・大谷翔平
◆ ライバルたちを制し連続受賞

 エンゼルスの大谷翔平選手(28)は28日(日本時間29日)、メジャーリーグの最優秀指名打者賞にあたる『エドガー・マルティネス賞』に2年連続で選出された。

 今季の大谷は157試合に出場し、打率.273、34本塁打、95打点、OPS.875をマーク。記者、放送局、広報による投票で同賞に選ばれ今季初の表彰を受けた。

 打撃のベストナインに相当する「シルバースラッガー賞」で指名打者部門の座を譲ったヨルダン・アルバレス(アストロズ)や、ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)、ブライス・ハーパー(フィリーズ)など、他にも有力候補は多数いたが、「指名打者」での成績に限ると大谷がダントツ。「外野手」としての出場もあったライバルたちとの競争を制した。

 なお、2年連続での受賞は、2003年から2007年にかけて5年連続受賞を果たしたデビッド・オルティス(レッドソックス)以来15年ぶり。ドン・ベイラー(1985〜1986)、ハロルド・ベインズ(1987〜1988)、デーブ・パーカー(1989〜1990)、エドガー・マルティネス(1997〜1998、2000〜2001)らに続く史上6人目の快挙となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 他の野手の休養を邪魔してまで得た賞やんけw
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定