複合文化施設『Bunkamura』来年4・10より長期休館へ オーチャードホール除く、活動は周辺施設などで継続

19

2022年11月29日 14:07  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

複合文化施設「Bunkamura」が長期休館を発表
 東急文化村は29日、同社が運営する複合文化施設『Bunkamura』について、来年1月31日に営業を終了する東急百貨店本店土地の開発計画「Shibuya Upper West Project」に伴い、オーチャードホールを除き来年4月10日より長期休館すると発表した。また、同施設における活動は渋谷および東急線沿線の周辺施設や東急グループ各施設などで継続する。

【画像】『Bunkamura』休館中の各施設の営業状況・主催事業

 Bunkamuraは、1989年9月に日本初の大型複合文化施設として開館。オーチャードホール、シアターコクーン、ザ・ミュージアム、ル・シネマ、ギャラリーの各施設を中心に、カフェ、アート関連ショップなど、多くの客がさまざまな形で文化や芸術に親しめる場の提供を通じて生活の豊かさを深め、社会や地域への貢献を目指してきた。

 「Shibuya Upper West Project」の開始に伴い、オーチャードホールを除き来年4月10日から2027年度中(時期未定)まで休館する。この間、併せて『Bunkamura』も経年使用による施設の補修や設備の更新などを行うとともに、新築される施設との一体化に向けた改修工事を実施する予定。

 同社は『Bunkamura』の休館中も渋谷を含め東急線沿線の周辺施設や東急グループ各施設などで文化事業を継続していく。また、オーチャードホールについては日曜・祝日を中心に営業を継続する。

■『Bunkamura』休館中の各施設の営業状況・主催事業
●オーチャードホール(音楽・舞踊など)
日曜・祝日を中心に営業を継続。
自主制作公演は『横浜みなとみらいホール』など他会場の使用を含めて開催。

●シアターコクーン(演劇)
自主制作公演は東急歌舞伎町タワー内『THEATER MILANO-Za』など他劇場にて開催。

●ザ・ミュージアム(美術)
渋谷ヒカリエ内「9F ヒカリエホール」などで展覧会を開催。

●ル・シネマ(映画)
渋谷東映プラザ内に移転。
施設名は「Bunkamura ル・シネマ 渋谷宮下」(2スクリーン)
※「渋谷TOEI」は2022年12月4日の営業をもって閉館。

●ギャラリー(美術)
渋谷ヒカリエ内「クリエイティブスペース8/(はち)」に移転
施設名は「Bunkamura Gallery 8/」

このニュースに関するつぶやき

  • 東急グループ創始者・五島慶太時代に育まれた有能な経営陣も企画陣も代替で劣化、いまグループを動かしているのはクズと無能だけ。現在延々と進行中の渋谷再開発は碌でも無いものばかり
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定