PFU、WebアプリにScanSnap連携機能を組み込める開発キット「ScanSnap Web SDK」を提供開始

0

2022年11月29日 16:52  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

ScanSnap Web SDKのイメージ

 PFUは11月29日、同社製スキャナー「ScanSnap」をWebアプリケーションから制御可能にする開発キット「ScanSnap Web SDK」を発表、本日から無償提供を開始する(ダウンロードにはユーザー登録が必要となる)。



【その他の画像】



 ScanSnap用ソフト「ScanSnap Home」に実装されたAPIを利用し、PCブラウザベースで稼働するWebアプリケーションに連携機能を実装できる開発キット。WebアプリからScanSnapを制御できるため、PCのローカル環境にイメージデータを残すことなく連携を行うことができる。



 対応OSはWindows 7/8.1/10/11(macOSについては2023年3月頃に対応予定)で、サポートされるブラウザはGoogle Chrome/Microsoft Edge/Mozilla Firefoxとなる。対応機種は「iX1600」「iX1500」「iX1400」「iX1300」「iX100」(ScanSnap Home 2.8以降)だ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定