たった1台に水4万5000リットル!? 米ペンシルベニア州でテスラ「モデルS」が接触事故から出火 激しい炎で燃え尽きる

28

2022年11月29日 21:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

車両火災で燃え尽きてしまったテスラ「モデルS」だったもの

 電気自動車のテスラ「モデルS」が激しい炎に包まれて、燃え尽きてしまったという車両火災が海外で話題になっています。消火活動には4万5425リットルもの水が費やされました。



【画像】火災で燃えたテスラ 現場の様子



 事故が起きたのは米ペンシルベニア州の中部を通る高速道路で、海外メディアによるとモデルSは走行中に瓦礫のようなものに接触。車体下部に損傷を受けた直後、モデルSから煙が上がり始めたそうで、危険を察知した運転手は路肩に停車し、一緒に乗っていた3人と愛犬を連れて離れたました。



 その後、モデルSから激しい炎が上がりました。地元の消防組織が現場に急行して対応にあたりましたが、消火活動は難航。通常の車両火災であれば、水は500ガロン(約1890リットル)あれば十分に対応できるそうですが、モデルSの場合は2台のタンク車で4000ガロン(約1万5000リットル)の水を初動で用意したものの、さらに3つの消防署からタンク車の応援を呼び、最終的に1万2000ガロン(4万5425リットル)もの水が費やされました。



 消火活動にあたったMorris Township Volunteer Fire Companyによる現場写真を見ると、そこには車両特定が難しいほど、原型を失ったモデルSの姿が写っており、いかに激しい火災であったのかを物語っています。



 電気自動車が搭載しているバッテリー(リチウムイオン)は、一度火がつくと激しく燃え上がり、長時間に渡って高温を維持するために消火活動が難しく、この事故現場でも出火から鎮火までに2時間ほどかかったそうです。



 現在は電気自動車などのバッテリーに関連する火災に対応するべく、特殊な消火剤が開発されるなど、さまざまな研究が世界中で進められていますが、現状としては大量の水でバッテリーを冷やすしかないのが実情で、電気自動車の普及を目指していく上で今後の課題となりそうです。


このニュースに関するつぶやき

  • ヤバいな。不便な世の中になりそう
    • イイネ!3
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(23件)

ニュース設定