セネガル、日韓大会以来20年ぶりの決勝T進出! エクアドルは無念の敗退決定

11

2022年11月30日 02:32  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

クリバリの勝ち越しゴールでセネガルが決勝T進出 [写真]=Getty Images
 FIFAワールドカップカタール2022・グループAの第3節(最終節)が29日に行われ、エクアドル代表とセネガル代表が対戦した。

 大会全体の開幕戦でカタール代表を2−0で下したエクアドル代表は、続くオランダ代表との一戦でも好調をキープ。終始試合を支配したものの、決定的な追加点を挙げられず、1−1のドローで終えていた。一方、セネガル代表はオランダ代表との初陣こそ終盤に力尽きて0−2で敗れたが、カタール代表との一戦を3−1で制し、グループ突破に望みを繋いだ。この試合、勝利したチームが無条件で決勝トーナメント行きの切符を掴むことができる。

 エクアドル代表は前節からスターティングメンバーを2名変更。負傷の影響が心配されていた“エース”のエネル・バレンシアも先発に名を連ね、3試合連続の今大会4ゴール目を狙う。一方、セネガル代表は前節から3名を入れ替えてこの試合に臨んだ。“守護神”のエドゥアール・メンディやカリドゥ・クリバリらがスタメン入りしている。

 試合はセネガル代表が良い入りを見せ、序盤から相手ゴールに迫る場面を作り出す。3分には左サイドからのクロスボールをボックス内で受けたイドリッサ・ゲイェが右足でフィニッシュまで持ち込むも、シュートは枠の外へ。その後もセネガル代表が攻撃する時間が続くと、42分には自陣で得たフリーキックを素早くリスタート。背後へのボールを送ると、抜け出したイスマイラ・サールがピエロ・インカピエに倒され、PKが与えられた。このPKをI・サール自身が落ち着いて沈め、セネガル代表が先手を取ってハーフタイムに突入している。

 後半に入るとエクアドル代表がメンバーチェンジ。ホセ・シフエンテスとジェレミー・サルミエントを投入すると、システム変更の影響もあってエクアドル代表が試合の流れを変えてみせると、徐々に良い形での攻撃を披露。相手ゴールに迫ると、67分には右コーナーキックを獲得した。このコーナーキックをニアサイドでフェリックス・トーレスが逸らすと、ファーサイドでフリーになっていたモイセス・カイセドが流し込む。エクアドル代表が試合を振り出しに戻した。

 対するセネガル代表は直後の70分、右サイド高い位置でフリーキックを獲得。中央へのボールからペナルティエリア内で混戦が生まれると、最後はフリーの状態でボールがこぼれてきたクリバリが右足でボレーシュート。同点弾を許した直後のプレーでセネガル代表が勝ち越しに成功している。

 その後は後がないエクアドル代表が前に出たものの、決定的なシーンは作り出せない。試合はこのままタイムアップを迎え、セネガル代表が2−1でエクアドル代表を下した。裏で行われているカードではオランダ代表がカタール代表を下したため、セネガル代表は最終節で2位に浮上。2002年に開催された日韓大会以来、20年ぶりに決勝トーナメント進出を決めた。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)は12月3日からスタート。グループAを2位で通過したセネガル代表は、4日にグループBを首位通過したチームとの一戦に臨む。

【スコア】
エクアドル代表 1−2 セネガル代表

【得点者】
0−1 44分 イスマイラ・サール(PK/セネガル代表)
1−1 67分 モイセス・カイセド(エクアドル代表)
1−2 70分 カリドゥ・クリバリ(セネガル代表)

【スターティングメンバー】
エクアドル代表(4−3−3)
GK:ガリンデス
DF:プレシアード(85分 ポロソ)、F・トーレス、インカピエ、エストゥピニャン
MF:フランコ(46分 サルミエント)、グルエソ(46分 シフエンテス)、カイセド
FW:プラタ、エストラーダ(64分 レアスコ)、バレンシア

セネガル代表(4−2−3−1)
GK:E・メンディ
DF:サバリ、クリバリ、ヤコブス、ディアロ
MF:I・エンディアイエ(74分 ディエン)、シス(N・メンディ)、I・ゲイェ、P・ゲイェ、I・サール
FW:ディア(90+5分 パプ・アブ・シセ)

このニュースに関するつぶやき

  • マネがいたら一位通過もあったでしょ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定