スティーヴン・スピルバーグ監督・脚本で贈る初の自伝的映画、公開日決定

2

2022年11月30日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

スティーヴン・スピルバーグ監督の自伝的作品『フェイブルマンズ』2023年3月3日公開決定 (C)2022 Universal Pictures. ALL RIGHTS RESERVED.
 50年にわたるキャリアの中で、『ジョーズ』から『E.T.』、『ジュラシック・パーク』など史上最も愛され、変幻自在なフィルモグラフィを世界に送り出してきた巨匠スティーヴン・スピルバーグが、“映画監督”になる夢を叶えた自身の原体験を描いた最新作『The Fabelmans』(原題)が、『フェイブルマンズ』の邦題で、来年(2023年)3月3日より全国公開されることが決定した。

【画像】映画『フェイブルマンズ』そのほかの場面写真

 初めて映画館を訪れて以来、映画に夢中になったサミー・フェイブルマン少年(ガブリエル・ラベル/『ザ・プレデター』『アメリカン・ジゴロ』シリーズ)が両親との葛藤や絆、そしてさまざまな人々との出会いによって成長していきながら、人生の一瞬一瞬を探求し、夢を追い求める物語。

 先日行われたアカデミー賞の前哨戦といわれる第47回トロント国際映画祭では最高賞である観客賞を見事受賞。同映画祭にて過去10年、観客賞を受賞した作品はもれなくアカデミー賞作品賞にノミネートされているおり、本作も最有力候補と注目されている。

 まさに“夢”の始まりとも言える両親と一緒に映画館へ遊びに行きサミーが映画の魅力に心奪われるシーンや、6人全員が別の方向を向き、どこか浮かない表情ですれ違いを感じさせる家族写真、青年期のサミーが夢中でカメラを覗き込む印象的なシーンなどを切り取った場面写真も到着。

 本作で主人公の母親を演じるのは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などでアカデミー賞に4度ノミネートされたミシェル・ウィリアムズ。父親役は『THE BATMAN -ザ・バットマン-』のポール・ダノ。スピルバーグが「この物語を語らずに自分のキャリアを終えるなんて、想像すらできない」とまでコメントするなど、自身の熱い想いが込められたこん身の一作となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • 若い頃のテレビ用に撮影したという「激突!」はとっても面白かった。 大好きでした。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定