「早稲田祭」で旧統一教会の「友好」団体トップが講演会 「正体隠しの勧誘の場」だった?

3

2022年11月30日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

講演会を告知したフェイスブック(関係者提供)
 日本最大規模の大学祭で旧統一教会関連団体のトップが参加するイベントが開かれていた。教団との関係は伏せられ、一般人も参加した。「正体隠し」に専門家は注意を呼びかける。2022年12月5日号の記事を紹介する。


【写真】世界平和女性連合のムン・ヨナ氏と学生らの集合写真はこちら*  *  *


 高額献金などが社会問題化している世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は、「友好」団体が大学で布教活動をしてきたことで知られる。20万人以上が来場するとも言われる早稲田大学の大学祭「早稲田祭」では2017年、世界平和女性連合の当時世界会長だったムン・ヨナ氏の講演会が開かれていたことが取材でわかった。


 ムン・ヨナ氏はどういう人物なのか。


「旧統一教会の創始者・文鮮明(故人)と妻で現総裁の韓鶴子の長男の2番目の妻です」


 そう解説するのは、全国霊感商法対策弁護士連絡会の渡辺博弁護士だ。


「動員目標」74人を達成


 講演は500人以上が入る大学内の教室で実施された。主催したのは大学の非公認団体「早稲田CARP(カープ)」。CARPは「Collegiate Association for the Research of Principles」(全国大学連合原理研究会)の頭文字からとった名称で、旧統一教会系の学生組織だ。


 渡辺弁護士は言う。


「一般の学生は早稲田カープと言われてもピンとこない。旧統一教会の正体隠しの勧誘の場になる可能性が高い」


 早稲田祭のパンフレットには、講演会の情報が掲載されていた。だが、ムン・ヨナ氏の名前や世界平和女性連合の名称はなかった。



 また、開催2週間前、フェイスブックの非公開グループにこんな告知が投稿されていた。


<真の御家庭の文妍娥(ムンヨナ)様をお迎えしての企画になっています>


 その企画は「S!NERGY(シナジー)×WASEDA(ワセダ)」と題され、自己肯定感の高め方や留学、日韓関係などをテーマに4人の学生が登壇。その後、特別ゲストとしてムン・ヨナ氏が講演するという内容だった。だが、講演に参加する現役信者に対して、


<教会内部でしか通じない言葉を控えるように>


 と注意を促し、「家庭連合、統一教会」などの用語を使わないように求めた。


 「正体隠しの勧誘の場」だったのだろうか。実際、当時74歳の韓鶴子氏に合わせて74人の一般参加者の動員目標が設定され、達成報告も記されていた。



早稲田は狙われている


 アエラは、当日の集合写真を入手した。そこにはムン・ヨナ氏のほか、原理研究会の会長や教団関連団体の幹部らが大勢の参加者とともに写っている。



 さらに、韓国の旧統一教会系メディアは、「早稲田大学がムン・ヨナ会長を招待」し、教授や学生ら約400人が参加したと報じていた。


 講演を主催した早稲田カープに事実関係を問い合わせたが、期日までに回答は得られなかった。また、学内での講演活動について早稲田大学は、


「早稲田祭の運営スタッフより学生部への報告はありましたが、理事会への報告は行われておりません。その時点で世界平和女性連合に関して反社会的であると捜査機関や裁判所が断定もしくは学生から深刻または多数の被害やクレームが届いたなどの情報を得ていなかったため」


 などと回答した。17年に講演会実施の判断をしたことについては「不適切だったとまでは言えない」とした。渡辺弁護士は肩を落として言う。


「講演があった当時はすでに旧統一教会の反社会性は明らかで、大学人として情報がなかったとは言ってほしくない。早稲田は狙われている当事者です。カルト宗教の実態を知らないというのでは学生を守る環境は作れません」


 早稲田は世界平和女性連合について、今後は「慎重な検証や議論が必要」としている。信仰によって学生が差別されることはあってはならない。だが、実態を隠した活動から学生を守る対策は急務だ。(編集部・福井しほ)


※AERA 2022年12月5日号


このニュースに関するつぶやき

  • 過去30年分調査すれば大学祭への潜入なんて幾らでも出てくるだろ。オルグされた政治家が見つかるかもしれないからどんどん暴け。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定