【RIZIN】大みそか参戦ファイターカタログ「Vol.22 ジョン・ドッドソン」

0

2022年11月30日 19:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ジョン・ドットソン(C)RIZIN FF
 大みそかに開催される格闘技『湘南美容クリニック presents RIZIN.40』(さいたまスーパーアリーナ)に向けて、ORICON NEWSでは大会の魅力を伝えるため、出場する全選手のプロフィールを紹介していく。

【RIZIN会見動画】所英男、SNSで賞賛の嵐に思わず涙

【大会はABEMA PPVで全試合を完全生中継】

 第21回は、57キロ契約のMMA(総合格闘技)ルールのワンマッチで、所英男と対戦するジョン・ドットソン(アメリカ)。UFCでフライ級のベルトに挑戦する経験を持つ正真正銘の強豪選手が、満を持してRIZINに初参戦する。

■ジョン・ドッドソン 基本データ
名前:ジョン・ドッドソン
出身地:アメリカ
生年月日:1984年9月26日
身長:160cm
体重:57.0kg
所属:JACKSON-WINK MMA
Twitter:@JohnDodsonMMA

■プロフィール
学生時代はレスリング、アメリカンフットボール、陸上に励み、レスリングでは2度の州王者に輝く。高校卒業後、大学に通いながらグレッグ・ジャクソンの下でMMAの練習を始める。04年9月にメキシコで行われたDESERT EXTREMEでザック・ホワイト相手にプロデビューすると、1Rにリアネイキッドチョークによる一本勝ちを収め、2戦目は同年11月に日本で行われたDEMOLITIONで漆谷康宏と対戦するも判定による初黒星を喫している。

その後は数々の団体で経験を積み、11年6月からリアリティ番組「The Ultimate Fighterシーズン14」に参加。ジョン・アルバート、ジョニー・ベッドフォードらを下し決勝進出を果たす。11年12月のTUFバンタム級トーナメント決勝でTJ・ディラショーと対戦し、得意の左フックでダウンさせると追撃のパウンドでTKO勝ちを収めトーナメント優勝を果たした。その試合でノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞するなど、UFC本戦での活躍が期待された。

UFC本戦デビューとなった12年5月のUFC on FOX 3ではティム・エリオットと対戦し、3-0の判定勝ちを収め、10月にはジェシー・フォルミーガにTKO勝ちし2連勝を飾る。13年1月のUFC on FOX 6で世界フライ級王者デメトリアス・ジョンソンの持つベルトに挑戦し、試合前半にダウンを奪うも、判定負けを喫し王座獲得とはならなかった。しかし、再び連勝を飾ると15年9月にデメトリアスとの再戦、タイトルへの挑戦権を得るも、その牙城を崩すことはできなかった。

その後も数々の強豪と鎬を削り、20年8月のメラブ・ドバリシビリ戦を最後にUFCを離れる。21年10月、22年4月にはXMMAで2戦し、8月には素手で戦うベアナックル・ボクシングBKFCに参戦すると元UFCファイターのライアン・ブノワを得意の左フック4連打でマットに沈めた。

RIZIN初参戦となる今大会で元UFCファイターの強さをみせつけて圧勝し、来年はフライ級戦線に割って入りたい。

◆『湘南美容クリニック presents RIZIN.40』対戦カード
【RIZIN VS Bellator全面対抗戦】
ホベルト・サトシ・ソウザ VS AJ・マッキー
クレベル・コイケ VS パトリシオ・ピットブル
キム・スーチョル VS フアン・アーチュレッタ
扇久保博正 VS 堀口恭司
武田光司 VS ガジ・ラバダノブ
【女子スーパーアトム級トーナメント決勝】
伊澤星花 VS パク・シウ
【ワンマッチ】
スダリオ剛 VS ジュニア・タファ
井上直樹 VS 瀧澤謙太
元谷友貴 VS ホジェリオ・ボントリン
ルイス・グスタボ VS ジョニー・ケース
所英男 VS ジョン・ドッドソン
“ブラックパンサー”ベイノア VS 宇佐美正パトリック


動画を別画面で再生する



    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定