田中泯&新田真剣佑、親子役で初共演 ディズニープラスオリジナル『House of the Owl(原題)』製作決定

0

2022年11月30日 19:52  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

『House of the Owl(原題)』キービジュアル (C)2022 Disney
 田中泯が主演を務め、新田真剣佑と親子役で初共演するディズニープラスオリジナルのドラマ『House of the Owl(仮題)』が、ディズニープラス「スター」にて2023年秋に独占配信予定であることが、シンガポールのマリーナベイサンズで11月30日開催された「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」で発表された。

【写真】『鎌倉殿の13人』にも出演する田中泯

 本作は、日本を影で操る“黒幕”とその一族をめぐる社会派ドラマ。主人公は、あらゆるスキャンダルやセンセーショナルな事件を、時にもみ消し、時に明るみにさらして解決してきた黒幕/フィクサー、その名も“フクロウ”こと大神龍太郎。演じるのは、ダンサー・舞踊家にして俳優の田中泯。龍太郎の自由奔放で正義感あふれる息子・龍を新田真剣佑が演じる。

 プロデューサーを務めるのは、リュー・アレクサンダーとポール・ヤング。作品については「日本は世界の中でも素晴らしい文化や慣習を持っていて、そのユニークな世界観を本作にも投影したいと思いました」「黒幕/フィクサーの主人公が繰り広げる政治ドラマにとどまらず、様々なストーリーが織り交ざっているのが、本作の特徴でもあります」と語っている。

 撮影は2023年よりスタート。同年秋に日本および世界へ配信される予定だ。

 ディズニープラスオリジナル『House of the Owl(仮題)』は、ディズニープラス「スター」にて2023年秋独占配信。
    ニュース設定