90代の患者に重い病気を申告したら…… “予想外の理由”から元気に帰っていった話が示唆に富む

1

2022年11月30日 20:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

(イラスト:野田せいぞ)

 日常のハッとするような気付きを与えてくれるツイートを、イラストとともにご紹介する企画「その視点はなかった」。今回は世代特有の話題、ありますよね……というお話です。



【画像】最強の研究会で飛び出した「素人質問で恐縮ですが〜」を上回る恐怖のパワーワード 「その理論をつくったのは私なのですが〜」



●重めの病気は老人の華?



・・・・・



外来で90代の患者さんにけっこうヘビーな病気の説明をしたんだけど、落ち込むかと思いきや、「これで週末の喫茶店での病気自慢で勝てる」と元気に帰って行った。モチベーションが違った。



(せいけ医さんのツイートより)



・・・・・



 外科医のせいけ医さんのお話。90代の患者さんが非常に思い病気を患ったため、本人にその説明をしました。話を聞いて落ち込むだろうな……と思っていたのですが、予想に反して「週末の喫茶店の病気自慢に勝てる」と言い、元気そうに帰っていったそうです。



 誰かと会話する際には、お互いに知っている、共有しているコンテンツの話題がやりやすいもの。年を取るとどうしても、1つや2つの持病は抱えてしまいがちで、確かに話題にはしやすいのでしょうが……勝ち負けとまでは考えが及びませんでした。



 このツイートには「10代の寝てない自慢、20代30代の激務自慢、40代50代の不健康自慢、60代以上の病気自慢」「知り合いのお葬式で『次は僕の番だからよろしく!』と言っていた先輩、あれから何人も見送ってその度に同じ事言ってる」「ある程度の年になるとこの感覚がわかる気がします。不幸話もそうで、話のネタに転換できるようになってくるんですよね」など、年を重ねると不幸な話もネタとして扱えるようになるのだ、という実体験が寄せられています。



記事:たけしな竜美


このニュースに関するつぶやき

  • ……へー ∩ヾ(゚-゚ )
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定