AとCが同じ委員になる確率は? 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【数学・確率編】

1

2022年11月30日 21:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

「Bは嫌だ……Bは嫌だ……」(イラスト:野田せいぞ)

 思春期の象徴たる「中2」……。そんな中2で習う授業の内容を紹介しつつ、「こんな問題やったなぁ」とオトナたちが感傷に浸れるかもしれない「中2なら秒で分かるかもしれないクイズ」。



【答えを見る】



 今回も「数学」からの出題です。



●問題



 A・B・Cの3人が同じ委員に立候補した。その中からくじびきで2人決めるとき、AとCが同じ委員になる確率は?(※投票箱はくじびきの箱として使っているだけのようです。また、先生はくじを準備しています)



 今回は、中2の数学で学ぶ「確率」からの問題。中2の“アイツ”がクラスの委員決めをしています。Bの番長と一緒になるのは嫌なのか、自分とCの水上ミホちゃんが選ばれることを祈っているようですが……。大丈夫かな?



 さて、答えは分かりましたか。最後に答え合わせをどうぞ。



●答え



答えは「1/3」でした!



【解説】A・B・Cの3人から2人を選ぶ組み合わせは、(A,B)(A,C)(B,C)の3通り。この内、AとCが一緒になるのは、(A,C)のときだけなので、答えは「1/3」になります。


このニュースに関するつぶやき

  • 組み合わせを考えなくても「Bが落選する確率」を考えれば良い。3人中1人だから1/3 になる。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定