『マッドゴッド』謎の男演じるアレックス・コックス、新場面写真4点解禁

0

2022年11月30日 21:12  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

映画『マッドゴッド』場面写真 (C)2021 Tippett Studio
 “特殊効果の神”ことフィル・ティペットによるストップモーションアニメ『マッドゴッド』より、アレックス・コックス監督が演じる謎の男ラストマンの場面写真4点が解禁された。

【写真】謎の男ラストマンの正体は 『マッドゴッド』場面写真

 『スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズなど、誰もが知る名作の特殊効果を手掛け、アカデミー賞を2度受賞、その後のSF作品に計り知れない影響を与えた巨匠フィル・ティペット。彼の最新作となる本作は、30年の制作期間をかけて生み出されたストップモーションアニメで、地獄のディストピアを巡るダークファンタジーだ。

 主人公は、人類最後の男「ラストマン」によって地底深くに派遣され、荒廃した暗黒世界の旅を続ける孤高のアサシン。彼はダイビング・ベルで降下し、拷問された魂、老朽化した地下壕、うごめく不気味なクリーチャーたちのあいだを巡っていく。

 ラストマンを演じているのは、世界一パンクな監督であり俳優であるアレックス・コックス。彼は1984年のSFホラー『レポマン』で長編監督デビューし、アメリカでカルト的な人気を獲得。代表作に『シド・アンド・ナンシー』(1986)、『ストレート・トゥ・ヘル』(1987)、『ウォーカー』(1987)などがある。

 フィルとアレックスは、『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』を手がけた有名プロデューサーのジョン・デイヴィソンと長年の友人で、前々から一緒に何かやろうと話していたという。アレックスはそれを実現すべく『マーズ・アタック!』(1996)の脚本を書いたのだが、スタジオに採用されず、最終的にはティム・バートンが監督することになった。今回、フィルの個人的なプロジェクトである『マッドゴッド』の実写パートに、アレックスが俳優として出演し、念願のコラボレーションが実現した。

 映画『マッドゴッド』は12月2日より全国順次公開。
    ニュース設定