手塚治虫「火の鳥」の新アニメ化や「呪術廻戦」監督・朴性厚の完全新作も!ディズニープラス新作ラインナップ

0

2022年11月30日 22:22  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

『PHOENIX: EDEN17』(C)Beyond C.
ウォルト・ディズニー・カンパニーが、今後予定されている劇場作品と動画配信作品を紹介する「ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022」を、2022年11月30日にシンガポールの「マリーナベイ・サンズ」にて開催した。イベント内では『PHOENIX: EDEN17』や『Project BULLET/BULLET』(仮)など、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で今後配信される日本のアニメ作品も一挙に発表された。

『PHOENIX: EDEN17』は、手塚治虫の名作マンガ『火の鳥』のアニメ化だ。「ディズニープラス」より2023年に世界独占配信される。主人公ロミとそのパートナーは終末を迎えつつあった地球を離れ、新たな生活を始めるべく惑星エデン17へと向かう。しかしその惑星の生命は既に絶滅しており、ロミはさらに苦労を強いられることとなるが……。

公開されたPVでは、荒廃した星や広大な宇宙を舞台に冒険するロミたち、そして美しい火の鳥の姿も確認することができる。世代を超えて語り継がれる、屈指の傑作の新たなアニメ化も必見だ。

『Project BULLET/BULLET』(仮)は、『呪術廻戦』の監督などで知られ、国内外問わずいま最も注目を集める人気クリエイター・朴性厚が率いるアニメーション制作会社E&H productionが手掛ける、完全オリジナルストーリーのディズニープラスオリジナルシリーズとなる。

大ヒット作品の監督を務めてきた朴が、10年の構想を経て生み出したアイデアを元に制作される完全新作アニメーションとなる本作。キービジュアルには、大都市を眺める 3 人のキャラクターの後ろ姿が描かれた。はたして彼らは何者なのか、そしてどんなストーリーになるのか、その一切は謎に包まれている。本作の続報に今後も注目だ。

このほか、バンダイナムコグループによる新規大型SFプロジェクトの一環として発表され熱い注目を集める『SYNDUALITY(シンデュアリティ)』、アニメ化が発表され続報が待たれていた島順太のマンガを原作とする『村井の恋』、和久井健の人気マンガが原作で待望の続編となる『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』も、それぞれ新情報が発表された。

マンガやゲームを原作とした超人気作品のアニメ化から、現代を代表するクリエイターの完全オリジナル作品まで、2023年も「ディズニープラス」のアニメラインナップから目が離せない。

・『PHOENIX: EDEN17』
ディズニープラスで 2023 年世界独占配信予定(中国本土を除く)
【制作会社】STUDIO4°C
【原作コミック】手塚治虫

・『Project BULLET/BULLET』(仮)
ディズニープラス オリジナルとして配信決定
ストーリー原案:朴性厚(呪術廻戦,劇場版 呪術廻戦 0,ゴッド・オブ・ハイスクール監督)
プロダクション:E&H Production/GAGA

・『SYNDUALITY』(シンデュアリティ)
ディズニープラスで 2023 年世界独占配信予定(中国本土を除く)

・『村井の恋』
ディズニープラスで世界独占配信(中国本土を除く)
【原作】島順太『村井の恋』(ジーン LINE コミックス/KADOKAWA刊)

・『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』
ディズニープラスで 2023 年 1 月より見放題世界独占配信予定
※見放題=定額制動画配信(SVOD)



『PHOENIX: EDEN17』
(C)Beyond C.
『Project BULLET/BULLET』(仮)
(C)E&H/GAGA
『SYNDUALITY』(シンデュアリティ)
(C)SYNDUALITY
『村井の恋』
(C)島順太・KADOKAWA/アニメ村井の恋製作委員会
『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』
(C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

    オススメゲーム

    ニュース設定