<義母から嫁の心得!>お母さんの価値観に反抗するのが面倒だっただけ【第6話まんが:義妹の気持ち】

0

2022年11月30日 23:40  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ
前回からの続き。私はサナ、28歳。数年前に兄が結婚し、私のまわりの友人もちらほら結婚する子が増えてきました。友人からお姑さんのグチを聞くようになると、私もいい年になったんだな〜と思います。

お母さんがわりと古い考えだと気づいたのは、高校生くらいでしょうか。友人たちと話すうち、なんとなく気付いた感じです。決定的だったのは進学のとき。

義母からの「嫁の心得」はすべて義妹に伝えます6-2
「女の子だから、べつに大学に絶対行かなくてもいいんじゃない」と言われたときはビックリしました。私の希望で大学には進学したけど、就職のときは「腰かけでいいんじゃない」、就職後は「子どもがすぐにできるとは限らないから、結婚は早いほうがいい」など、前時代的なことを言われ続けます。少しでも反論すると倍になって返ってくるし、うるさいから黙って聞き流していました。

義母からの「嫁の心得」はすべて義妹に伝えます6-3
私は、母の古い価値観に反抗するのが面倒で同意していただけです。でもマリカさんをあまりよく思わない気持ちは母と同じだったから、ただの同意のつもりがマリカさんには攻撃的と受け取られていたのかも……と今さらながら思いました。

進学も就職も結婚も、「女だからどうこうとか、関係ない」と母に反論したことだってあります。でも、ある時、絶対に母が私の意見を肯定しない理由がわかりました。私の意見を肯定すると、母自身が「自分と自分の人生を否定すること」に繋がるからなのです。母も脈々と受け継がれてきた理不尽な考えを押し付けられながら生きてきた、ある意味被害者なのかもしれません。

最近は兄夫婦とはもちろん、母とも距離を置いています。距離を置いていることが「私の母への答え」だと受け取ってほしいです。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・林檎りん 編集・荻野実紀子

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定