としまえん跡地の「ハリー・ポッター」施設、2023年夏開業決定

31

2022年12月01日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 - メイキング・オブ ハリー・ポッター」2023年夏開業
 映画シリーズ1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』が日本のスクリーンに初めて登場した記念すべき日“12月1日”にあわせて、同シリーズの世界を新しい形で楽しむことができるエンターテインメント施設として、東京都練馬区のとしまえん跡地に建設中の「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 メイキング・オブ ・ ハリー・ポッター」の開業が、来年(2023年)夏に決定したことが発表された。

【動画】ロンドンにあるようなこんな感じの施設を建設中

 クリエイティブ・アートには、「映画『ハリー・ポッター』の世界は 、 こうして生まれた」というメッセージがあり、ドアの先に何があるのか、期待せずにはいられない。

 「ハリー・ポッター」シリーズは、J.K. ローリングのベストセラー小説シリーズをもとにした8本の映画からなり、全世界的な現象を巻き起こした。本は世界中で6億冊以上を売り上げ、200以上の地域で出版され、80ヶ国以上の言語に翻訳されている。映画の1作目となる『ハリー・ポッターと賢者の石』は、2001年12月1日に日本で初めて公開されて以来、その後10年にわたり続編が次々公開され、現在も なお新しいファンを増やし続けている、

 としまえん跡地に開業する「ワーナーブラザース スタジオツアー東京」は、世界中で愛される映画「ハリー・ポッター」や「ファンタスティック・ビースト」シリーズの製作に携わったクリエイターたちによって作られた壮大な映画のセット、衣装、小道具など、「ハリー・ポッター」の映画製作の魔法が詰まった、全く新しいウォークスルー型のエンターテイメント施設。

 2012年の開業以来、1600万人以上が来場し、いまだに予約困難なイギリスの 「スタジオツアー ロンドン 」に次いで世界で2番目、アジアでは初のオープンとなる。約9万平方メートルの広大な敷地(東京ドーム2個分)に建つ本施設では、映画でたびたび登場する大広間や、魔法界へと続く9と3/4番線のホグワーツ特急、ダイアゴン横丁のほか、ホグワーツの動く階段のエリアでは、肖像画の前で自分たちの姿を撮影すると、実際に動く肖像画になれるようなインタラクティブな体験も楽しむことができる。

‘Wizarding World’ and all related names, characters and indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc. - Wizarding World publishing rights (C) J.K. Rowling.

このニュースに関するつぶやき

  • USJ並のもしくはそれ以上のクオリティーじゃないとUSJの劣化版になりそうだけど大丈夫なのかな。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定