柿澤勇人『めざまし』12月エンタメプレゼンター担当 念願の番組出演に「喜びを前面に出していきたい」

0

2022年12月01日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『めざましテレビ』で12月のエンタメプレゼンターを務める柿澤勇人
 俳優の柿澤勇人が、フジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』(毎週月〜金 前5:25)で、12月のエンタメプレゼンターを担当することが1日、発表された。柿澤は初のスタジオ出演となる。

【写真】11月に担当していたのは…Da-iCEの花村想太

 同月5日、14日、20日に出演予定で、午前6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」、「めざましじゃんけん」、生原稿読みなどを行い、7時台からはMCとして番組終了まで登場。エンタメ担当の軽部真一アナウンサーと共に、さまざまなエンタメニュースを伝えていく。

 柿澤は、2007年に倍率100倍以上の難関を突破し劇団四季の養成所に入所。同年デビューし、翌2008年からは立て続けに主演を務め、2009年末、同劇団を退団。2011年よりホリプロに所属し、舞台やドラマ、映画などで活躍している。現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』での源実朝役の名演が話題となっている。

 情報番組のプレゼンターも原稿読みも初挑戦となる柿澤は「小さい頃から毎日見ていた『めざましテレビ』に出られるので、その喜びを前面に出していきたいと思います。念願の『めざましテレビ』!とにかく一生懸命に頑張ります」と力強く語っている。

■柿澤勇人コメント
――大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で演じている役が大きな話題に。実感はあるか?
「役者を15年やっていますが、ここまで役名で呼ばれるのは初めての経験です。いろいろな方に“実朝さん”と声を掛けてもらうようになりました。行きつけのお店とかでも“実朝役の人に似ているよね”と言われて、“よく言われます”と答えています」

――“暗殺”された後の生出演。
「僕自身、欲を言えばもっと生きたかったですし、最終回まで出演していたかったです(笑)。“実朝ロス”と悲しんで下さっている方もいると思いますが、とにかく僕自身は元気に生きていますので、ご安心ください」

――『めざましテレビ』のイメージ。
「とにかく爽やかなイメージがあります。小学生の頃から毎日ずっと見ていたのですが、眠い朝でもとても爽やかな雰囲気で、出演者の方も皆さん明るくて、見ると元気になれる番組だと思います」

――エンタメプレゼンター就任を初めて聞いたときの感想。
「僕自身はあまり爽やかだと言われないので、本当に大丈夫かな?という心配と、その前に朝の放送に間に合うのか?ということが心配です。早起きは大の苦手で、全く得意ではないので、頑張ります」

――マンスリーエンタメプレゼンターとしての意気込み。
「早起きも苦手ですし、生放送にも慣れていなくて変なことを言ってしまうかもしれないのですが、温かく見守って頂けたらと思います。小さい頃から毎日見ていた『めざましテレビ』に出られるので、その喜びを前面に出していきたいと思います。念願の『めざましテレビ』!とにかく一生懸命に頑張ります」
    ニュース設定