今季初の本格的な雪に 北海道と東北北部 平地も積雪が増加

0

2022年12月01日 10:08  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

今季初の本格的な雪に 北海道と東北北部 平地も積雪が増加

北海道と東北北部は、日本海側を中心に雪で、降り方の強まっている所もあります。1日午前9時現在、札幌と青森で7センチなど、平地も積雪が増えてきています。



●北日本は平地も積雪 西日本から初冠雪の便り


気象衛星の雲画像を見てみますと、寒気に伴うスジ状の雲が日本海一面に広がっています。この雲が流れ込む北海道や東北、北陸から山陰にかけて雪や雨で、降り方の強まっている所があります。午前9時現在の積雪は、旭川で17センチ、札幌と函館で7センチ、青森も7センチ、弘前で3センチなど、北海道と東北北部では平地も本格的に雪が積もってきています。また、彦根地方気象台からは比良山の初冠雪(平年より10日遅く、昨年より4日遅い)、鳥取地方気象台からは鷲峰山(平年より1日遅く、昨年より4日遅い)と、扇ノ山(平年より13日遅く、昨年より8日遅い)の初冠雪の便りが届いています。


●あす2日にかけて 北海道と東北は大雪や吹雪 北陸から山陰の山沿いも積雪


これからあす2日にかけても、北海道と東北は日本海側を中心に雪が続き、一気に積雪が増える所があるでしょう。風も強く、ふぶいて見通しがかなり悪くなる所もありそうです。北陸から山陰にかけて、山沿いは次第に雪の所が増えて、積もるおそれがあります。峠越えの車は冬の装備が欠かせません。平地でも雪がまじって、初雪となる所がありそうです。


    ニュース設定