クロちゃん流「自撮り」の美学 月3000枚以上撮影&美容費用に月10万円かける

0

2022年12月01日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

月3000枚以上、「自撮り」をするというクロちゃん(写真:本人提供)
 安田大サーカスのクロちゃんが、気になるトピックについて"真実"のみを語る連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」。今回のテーマは「自撮り」。自身のSNSで、日々、自撮り写真を投稿しているクロちゃん。昔から自撮りが大好きなようで、なんと1日100枚以上は撮影しているという。クロちゃんの自撮りの美学とは?


【写真】両親からお年玉をもらい喜ぶクロちゃん*  *  *


 ボクは、SNSを更新するのが日課だ。ツイッターであれば、1日20〜30回は更新している。朝起きてから、何よりも、まず先にチェックするのはSNSだったりもするから、ボクの日常は、SNSからはじまるといってもいい。


 SNSをやっていると、なぜか「芸人のくせに」なんていう意見をちらほら言われることもあるけど、ボクは別に芸人というスタンスでSNSをやっているわけじゃない。女性アイドルやモデルのような「おしゃれで、かわいくて、ちょっぴり優雅な日常をお届けする」。ボクのSNSは、そんなスタンスだ。


 だから、ボクのSNSでは「自撮り」写真が、かなり重要。やっぱり、せっかくSNSで公開するんだから、自分がかわいく、そして、おしゃれに撮れた写真を紹介したいよね。だから、良い写真が撮れるまで、何度も取り直すことは当然ある。


 改めて考えてみると、1日100枚以上は自撮りしているんじゃないかな。月換算だと3000枚以上にもなる。それが多いのか、少ないのか、感覚は人ぞれぞれだろうけど、納得できる写真を撮ろうと思ったら、そのくらいの枚数がいくのは当たり前だよね。


 ちなみに、ボクは美容にもかなり気を配っている。かわいい自撮り写真を撮るためには、こういった自分磨きもある程度必要だからね。


 エステには、もうかれこれ20年以上通っているし、小顔効果のあるアロマフェイシャルやアロマヘッドスパ、シミが出てきたらシミとりにだっていく。あと、爪をきれいにするためにネイルサロンにもね。平均すると、美容代は月に10万円くらいかな。東京と大阪で行われている「ビューティーワールドジャパン」っていう最新の美容機器や化粧品などを紹介してくれるイベントにも、毎年、通っている。いろんなブースが並んでいて、トレンドアイテムを知ることができたり、気に入った商品があれば購入もできるから、すごくおすすめ。



 たまに、メイクさんに、「クロちゃん、爪きれいですね」とかって褒めてもらえるのが、すごくうれしかったりもする。女性は、男性の爪とか、お肌とか、何気にけっこう見ているから、モテたいと思っている男性は、絶対きれいにしておいたほうがいいよ。


●過度な写真加工は「プロフェッショナルじゃない」


 自撮りをする時に、ボクがもっともこだわっているのは、ウインクとアヒル口。いくら時代が移り変わろうと、いちばんかわいい表情は、ボクはウインクだと思っているからね。アヒル口に関しては、元AKB48の板野友美ちゃんを意識している。以前は、アヒル口をまったくしてなかったんだけど、「友美ちゃんのアヒル口かわいいな」ってずっと思っていたら、ボクも、いつのまにか自然とするようになっていた。ちなみに、友美ちゃんからは、「ほんとうにやめてほしい」と言われている(笑)。


 自撮りする時の角度は、右斜上。人間の顔って左右非対称だから、右と左で少し違うでしょ。ボクは、右側の顔がお気に入りなんだ。顔が小さくみえるように、顎のラインに手をそえたりもよくするし、誰かと一緒に撮影する時は、バレないように少しだけ後ろに下がったりもしている。


 最近は、写真加工ができるアプリもいろいろと登場しているから、すごく便利だよね。ボクもフィルター機能を1つはかけることにしているよ。


 写真加工に関しては、たまに批判してくる人がいるけど、ボクからしたら、その考えはかなり古いと思う。今の時代、写真加工は、もうエチケット。してないほうが、逆に失礼だと思う。


 だって、女性も基本、人前に出る時、化粧をするでしょ。ボクからすると、写真加工は女性の化粧と同じ。わざわざ化粧してない姿を、人前でさらしますか?っていう話。未加工ってことは、ボクの中では、すっぴん状態ってことだからね。


 写真加工は、「ボクも化粧すれば、こんな感じになりますよ」っていうのを見せているだけ。だから批判される意味が分からない。エチケットなんだから、迷わず、どんどんやるべきだよね。


 ただし、写真加工はエチケットだけど、やりすぎてしまっている人は注意したほうがいい。たまに、SNSなどで見ると、元の顔とまったく変わってしまっている人がいるからね。


 怒られるかもしれないけど、あれは、もう完全に「詐欺」だと思う。


 だって、実際会ったら、顔が全然違うんだから。


 ボクが写真加工することを推奨するのは、あくまでも、元の顔が変わらない程度のゆるい加工。肌のあらさや明るさを少し整えるくらいかな。


 実際会ったら顔が違うなんて、相手の信用を失うことにもつながりかねない。たまに、芸能人の中でも「SNSの写真と顔が違うって言われてショックを受けた」って言ってる人がいるけど、その感覚は、ボクには理解できない。ボクからしたら、それはもうプロフェッショナルじゃないよ。ちゃんと、相手のことを考えて発信しなきゃ駄目。ただ、テレビやYouTubeなどの表舞台に出てこない人なんだったら、そこまで影響はないのかもしれないけどね。


 ボクも、以前、顔ではないけど、足を長くしすぎて、「宇宙人みたいだ」っていわれたこともあるから、自分をよくみせたいって気持ちはめちゃくちゃ理解できるんだけど、そこは、やっぱりプロとして、周囲から批判されないように自分で自分をしっかりコントロールしたほうがいい。


 ただ、演出として、「逆」の意味での、過度な写真加工をやるんだったら、面白いかもしれないけどね。


 例えば、アイドルとかであれば、あえて写真を全部かわいくないように加工して、それをSNSなどでどんどん紹介していって、表舞台に出る時にだけ、本来の顔をちゃんとみせるっていう(笑)。こっちのギャップだったら問題ないよね。もちろん、注目されるまでがかなり難しいかもしれないけど、そこをうまく演出できたら、このギャップは、ありだと思う。ここ数年、コロナ禍で、なかなかライブ活動ができない状態が続いた期間もあったから、1組くらいそんなアイドルが出てくるかもって思ってたんだけど、まだ出てきないよね。興味あるグループは、実践してみたら?


 そういう狙いがないのなら、過度な写真加工は、今すぐやめるべきだしん!


(構成/AERA dot.編集部・岡本直也)


    ニュース設定