メンズノンノモデルで俳優の中川大輔、『舞いあがれ!』山下美月の同僚医師役で朝ドラ初出演「俳優として一つの目標でした」

0

2022年12月01日 12:22  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

連続テレビ小説『舞いあがれ!』に出演する中川大輔(C)NHK
 俳優の福原遥がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)に俳優の中川大輔が出演することが公開された。

【写真】連続テレビ小説『舞いあがれ!』の場面カット

 中川大輔はメンズノンノモデルとして活動する一方、2022年2月-3月『卒業式に、神谷詩子がいない』(日本テレビ系)、4月期『花嫁未満エスケープ』(テレビ東京系)、9月『モアザンワーズ/More Than Words』(Amazon Original)とドラマで存在感を見せ、さらには2023年1月放送の『花嫁未満エスケープ 完結編』(テレビ東京系)に出演が決定するなど、2023年ブレイク必至の注目俳優。

 中川が演じるのは、裕福な家庭で生まれ育ち、ヒロインの幼馴染・望月久留美(山下美月・乃木坂46)が務める病院で同僚・医師として勤務している八神蓮太郎。7日放送の第48回から登場する。

――本作への出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。

「朝ドラに出演することが、俳優として一つの目標でした。『舞いあがれ!』の台本をいただいた日は、うれしくて気持ちが落ち着かなかったのを覚えています。家で台本を開いて、役のこと、シーンのことを想像して1人ワクワクしていました。憧れの現場にクランクインする日が待ち遠しかったです」

――実際撮影現場に入られてからの印象はいかがですか?

「現場には『舞いあがれ!』の放送を観て感じていた優しい温かさがありました。憧れの場所で緊張してしまうかなと思ったのですが、共演者の皆さんがつくる空気感のおかげでリラックスして自分らしく役を演じることができました。いつまでも居たくなる大好きな現場です」

――視聴者の皆様にメッセージをお願いします。

「僕が演じる八神蓮太郎はすごく純粋な人です。そんな八神が、久留美ちゃんとどう関わることになるのか、注目して観て頂けたらうれしいです。演じていてドキドキするシーンの連続でしたので、視聴者の皆さんにもきっとドキドキして観て頂けると思います。これからの放送も楽しみにお待ちください!」

 『舞いあがれ!』は、福原演じるヒロイン・岩倉舞(いわくら・まい)が、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島、そしてパイロットを養成する航空学校でさまざまな人との絆を育みながら、飛ぶ夢に向かっていく挫折と再生のドラマとなっている。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定