KISS、SNSでも盛り上がり見せた“一夜限り”最後の来日公演 ジーン・シモンズは豪華なケーキに喜び

55

2022年12月01日 14:31  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

KISS(写真=REX/アフロ)

 11月30日、ロックバンドのKISSが来日公演を行った。“一夜限り”として開催された東京ドームでのこのライブは、2019年1月にKISS最後のツアーとして開幕した『END OF THE ROAD WORLD TOUR』の一環となる。本来なら2019年のジャパンツアーが最後の来日になるはずだったが、コロナ禍というイレギュラーなスケジュールの元、奇跡的に決定した今回の公演。KISSにとって日本での“正真正銘のラストライブ”になるという。


(関連:YOSHIKI、KISS ジーン・シモンズの誕生日をインスタで祝福 ファンからは“YOSHIKISS”の再共演望む声も


 1973年の結成からのオリジナルメンバーであるジーン・シモンズ(Ba)は73歳、ポール・スタンレー(Vo/Gt)は70歳になる。今回、スマホでの撮影が許可されていた同公演では、そのパワフルな演奏とKISS特有のパフォーマンスの様子がSNSなどで多数シェアされていた。特に印象的なのは、重い衣装を身にまといながら、後方のファンに見えるようにとリフトで空中移動するポールの姿。また、ジーンはこれまでの公演でも定番となっていた吐血や火吹きも披露したという。こうした年齢を感じさせない力強いパフォーマンスに、多くのKISSアーミー(ファンの総称)たちがインスピレーションや勇気をもらったことだろう。


 公演当日、ジーンはメンバーの似顔絵のアイシングクッキーでデコレーションされたケーキをSNSに投稿。「Japanese fans. The best!(日本のファン、最高!)」と綴り、喜びをあらわにした。また、翌日の12月1日には、バンドのオリジナルメンバーでドラムス担当のピーター・クリスがボーカルを務めた名曲「Beth」をエリック・シンガー(現ドラムス)が歌う動画も投稿した。この動画はなんと、公演中の舞台上から撮影されたもの。客席にスマホを使って浮かぶ無数のライトが幻想的に浮かび上がり、ファンに愛される名バラードをより一層輝かせた。


 他にもポールが、メイクが済んで衣装も着た状態の開演5分前の自身の姿をSNSに投稿。開いた手で「5分」を示し、お馴染みのメイクがはっきりとわかるショットを披露した。


 “正真正銘のラスト”と言われる本ライブだったが、日本のファンはまだまだ彼らを求めている。多くの奇跡が重なり、また彼らが日本に戻ってきてくれないだろうかと心の底で願いながら、これからもKISSの活躍を応援したい。(Nana Numoto)


参照:https://twitter.com/genesimmons
https://twitter.com/paulstanleylive


このニュースに関するつぶやき

  • 何回目の最後か分からんがまた金儲けに来てや〜
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(25件)

ニュース設定