JR東日本、山手線・京浜東北線など首都圏7路線で大晦日に終夜運転

65

2022年12月01日 17:52  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

画像提供:マイナビニュース
JR東日本首都圏本部は1日、大みそかから元旦にかけて、山手線、京浜東北線、中央線快速電車、中央・総武線各駅停車など首都圏の7路線で終夜運転を実施すると発表した。


山手線では、内回り・外回りとも1〜5時頃に約15分間隔で終夜運転を実施。京浜東北・根岸線は桜木町駅から大宮駅までの区間で、1〜4時頃に約20〜50分間隔で運転する。横須賀線は横浜〜逗子間にて、1〜5時頃に約80分間隔で運転を予定している。



中央・総武線各駅停車は、三鷹駅から千葉駅までの区間で0時30分から5時頃まで約10〜80分間隔、中央線快速は三鷹〜高尾間で0時30分から4時30分頃まで約30〜60分間隔で運転。青梅線の立川〜御嶽間にて、臨時快速「武蔵御嶽神社初日の出号」(6両編成)も運転される。立川駅2時0分発・3時15分発、御嶽駅2時54分発・4時8分発の上下各2本を設定し、立川〜青梅間各駅と御嶽駅に停車。宮ノ平〜沢井間各駅は停車しない。



総武本線・成田線の千葉〜成田間では、千葉駅1時15分発・2時50分発と成田駅1時55分発・3時33分発の上下各2本を設定。途中の東千葉駅には停車しない。(木下健児)

このニュースに関するつぶやき

  • 終夜運転するな、という方は、元日の午前0時から初詣をする風習をなくす方法を考えてほしい。
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(40件)

ニュース設定