どん兵衛CM、『映像研』風キャラ&お経ラップがシュールでしかない 「なにがここまで公式を駆り立てるのか」

0

2022年12月01日 19:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

シュールの極み(画像はYouTubeから)

 日清の公式YouTubeチャンネルで12月1日、どん兵衛の新CM「最強年越し篇」が公開。今回は漫画家・大童澄瞳さんのキャラクターデザインとお経風ラップという異色な組み合わせのアニメーションCMとなっています。なるほどそうきたか。



【画像】新CMの場面カット(計2点)



 今回のCMは、コタツをはさんで座る“メガ森氏”が「最強どん兵衛 かき揚げそば」の魅力を漢字で語り、それを聞く“どんぎつね氏”が「またか……」という感じで聞き流す内容。



 実際のラップは女性2人組ラップデュオ「chelmico」が担当しており、「喉越超至福」「鬼繰返(おにりぴ)」「旨杉笑(うますぎわら)」「最強食感 最強七味 最強合出汁」「薄利多売 企業努力」などのキャッチコピーが次第に高まっていくお経風ビートに乗せて歌われています。



 大童さんによると、自身の代表作『映像研には手を出すな!』の浅草みどりのタッチを意識してどんぎつね氏をデザインしたとのこと。また、メガ森氏のほうは、日清側からの「(『映像研には手を出すな!』の)金森さやか氏の男性バージョンとかがいいな〜」というオーダーに応えたものとなっています。



 シュールさしかないCMに対しネットでは、「なにが、ここまでどん兵衛公式を駆り立てるのか」「まった公式がアホなことし始めた……(いいぞ、もっとやれ)」「浅草氏……金森氏……」「大童さんのどん兵衛のCMにでてくるキツネが『どんぎつね氏』でわろてる」などの声が見られました。



 吉岡里帆さん演じるどんぎつねと、星野源さん演じる男性のほっこりするやりとりが話題になってきたどん兵衛のCMシリーズ。星野さんと俳優の新垣結衣さんとの結婚発表後は不穏な内容のCMに変化していき、どんぎつねが大雪原の向こうに去るCMと、その後に続く、美輪明宏さん演じる“九尾のどんぎつね”が登場するCMも反響を呼びました。



 さらに、9月以降は青春系アニメ動画によるCMや漫画家・モリタイシさんがキャラクターデザインを手掛けた愛らしいどんぎつねのCM、アニメ「範馬刃牙」とのコラボCMが登場し、次になにが来るのか全く読めない流れとなっています。


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定