劇場版「転スラ」入場プレ第2弾にディアブロ&ヴィオレのカード、新規場面カットも

1

2022年12月01日 20:07  コミックナタリー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」の入場者プレゼント第2弾「<ディアブロ&ヴィオレ>描き下ろし特製イラストカード」
川上泰樹・伏瀬原作による劇場アニメ「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」の入場者プレゼント第2弾「<ディアブロ&ヴィオレ>描き下ろし特製イラストカード」が、12月9日より30万部限定で配布される。

【大きな画像をもっと見る】

「<ディアブロ&ヴィオレ>描き下ろし特製イラストカード」には、ディアブロとヴィオレが互いに睨み合う描き下ろしイラストを使用。またカードの裏面には「転スラ」のアプリゲーム「魔王と竜の建国譚」で特定の条件をクリアすると対象キャラのうち好きな「★5戦闘キャラ」がもらえる専用コードがプリントされている。

また「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」の物語のカギを握る新キャラクターの1人・ヴィオレの情報と場面カットも公開された。ディアブロと同じ原初の悪魔の一柱で、アニメでは初登場となるヴィオレ。解禁された場面カットには、ヴィオレとディアブロの2ショットがお目見えした。ヴィオレ役の富田美憂は「原初の悪魔の一角ということで、残虐さや冷たさなどの悪魔らしさをベースに、ビジュアル通り小柄で可愛らしい雰囲気も出せるよう演じさせていただいています」とコメントを寄せた。なお12月7日に東京・新宿ピカデリーにて実施される公開記念舞台挨拶に、富田の登壇も決定した。

■ 「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」
公開中

□ スタッフ
原作:川上泰樹・伏瀬・みっつばー「転生したらスライムだった件」(講談社「月刊少年シリウス」連載)
ストーリー原案:伏瀬
監督:菊地康仁
脚本:筆安一幸
キャラクターデザイン:江畑諒真
モンスターデザイン:岸田隆宏
総作画監督:田中雄一
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
美術デザイン:ボワセイユ レミ 佐藤正浩
美術監督:佐藤歩
美術:スタジオなや
色彩設計:斉藤麻記
モニターグラフィックス:生原雄次
CGIプロデューサー:町田政彌
編集:神宮司由美
撮影監督:佐藤洋
撮影:チップチューン
音響監督:明田川仁
音楽:藤間仁(Elements Garden)
アニメーション制作:エイトビット
製作:転スラ製作委員会
配給:バンダイナムコフィルムワークス

□ キャスト
リムル:岡咲美保
ヒイロ:内田雄馬
トワ:福本莉子
ベニマル:古川慎
智慧之王:豊口めぐみ
ヴェルドラ:前野智昭
シュナ:千本木彩花
シオン:M・A・O
ソウエイ:江口拓也
ハクロウ:大塚芳忠
クロベエ:柳田淳一
リグルド:山本兼平
ゴブタ:泊明日菜
ランガ:小林親弘
ゲルド:山口太郎
ガビル:福島潤
ディアブロ:櫻井孝宏
ラキュア:木村昴

(c)川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定