日本を逆転勝利に導く再びの同点弾! 堂安律「あそこはオレのコース」

22

2022年12月02日 07:18  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真
 日本代表MF堂安律が、12月1日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループE第3節のスペイン代表戦を振り返った。

 負ければグループステージでの敗退が決まる日本は、1点ビハインドで迎えた後半に堂安とMF三笘薫を投入。すると48分、ボックス右角付近でボールをもった堂安が左足を振り抜くと、強烈な弾道のシュートがGKウナイ・シモンの手を弾いてゴールネットを揺らした。勢いに乗った日本は51分にMF田中碧のゴールで勝ち越すと、最後までリードを守り抜いて2−1で勝利。グループ首位での決勝トーナメント進出を決めた。

 試合後、殊勲の同点ゴールを挙げた堂安は「まだ歴史を塗り替えたわけじゃないですけど、大きな壁を乗り越えたなと。チーム一丸となって戦えた結果だと思います」と率直な思いを口にすると、自身のゴールに関しては「あそこはオレのコースなので、あそこで持てば絶対に打ってやると思っていたので、思い切って打ちました」と語り、自信を持って放った一撃だったことを強調した。

 ドイツ戦に続いてスペイン相手のアップセットには「これで1戦目が奇跡じゃなくて必然で勝てたと国民の皆さんに思ってもらえると思いますし、ただベスト16の壁は越えられていないので、今日はみんなでたくさん喜んで、明日から切り替えたいと思います」とコメント。日本サッカー界の“新しい景色”ベスト8進出を見据えた。

このニュースに関するつぶやき

  • ♪オ〜レ〜 オレオレオレ〜 の唄はその意味やったんやな(笑)
    • イイネ!13
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(14件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定