フジテレビ新“お昼の顔”ハライチ&神田愛花がコメント! 新番組『ぽかぽか』、来年1.9スタート

1

2022年12月02日 07:41  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

新番組『ぽかぽか』よりMCを務める(左から)神田愛花、ハライチ(岩井勇気、澤部佑) (C)フジテレビ
 2023年にスタートする昼の新バラエティ番組『ぽかぽか』(フジテレビ系)の放送日時が、1月9日より毎週月〜金曜11時45分と決まった。併せて、MCを務めるハライチと神田愛花のコメントが到着した。

【写真】『ポップUP!』後番組『ぽかぽか』MCにハライチ&神田愛花

 『ぽかぽか』は、『笑っていいとも!』(1982〜2014年)、『バイキング』(2014〜20年)を手掛けてきたフジテレビのバラエティ制作陣が再び総力を結集して挑む、新時代の“平日お昼の生バラエティ”。番組のコンセプトは、「みんなの“楽しい”が集まる場所」。何が起きるか分からないスタジオ生放送の楽しさ、人気者たちが繰り広げるトークの楽しさ、今まで知らなかったことや人と出会える楽しさ、そして、視聴者がテレビの前で自分も参加している感覚を味わえる楽しさ…いろいろな“楽しい”がふんだんに盛り込まれた、明るくにぎやかな生放送を繰り広げていく。

 月曜から金曜まで全曜日に登場し、番組をけん引していくMCは、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気と澤部佑、そしてフリーアナウンサーの神田愛花。このMC陣を中心に、ベテランから旬のタレント、期待のニューカマーまで、さまざまな顔ぶれがスタジオに登場し、“楽しい”生放送を展開する。

 ハライチの澤部は「芸人を始めたときに、“いつか自分たちの冠番組を!”“大きな番組のMCに!”なんて言ってましたけど、実際15年やってきて、そんな仕事はもう来ないだろうなと思ってたんですよね。そしたらこのタイミングで、このようなすてきなお話をいただくことができたので、フジテレビのお昼を、日本のお昼を、精いっぱい盛り上げていきたいと思います」と意気込みを。岩井は「僕の場合、お昼の番組は、そもそも柄に合わないと思ってるんです。ただ、よく考えたら、朝や昼の番組でMCをやっている芸人さんって、全員人相が悪いじゃないですか(笑)。だから今、僕がお昼の番組でMCを務めるっていうのも、意外と適任なんじゃないかなと思い始めてます(笑)」とコメント。

 神田は「生放送は、撮り直しが利かない。つまり、やったもの勝ちとも言えると思うんです(笑)。私はこれまで、収録の番組では“ゲストの方に、こんなことを聞いたら変な空気になっちゃうかな”とか、ためらうような場面も多くて、自分を抑え込んでいたようなところがあったんですね。でも、生放送となると、聞いちゃったもの勝ちですから(笑)。しかもハライチさんが一緒だから、絶対に変な空気にはならないし。ですから、“聞きたいことは素直に聞く”というのは実践したいですね」と話している。

 新番組『ぽかぽか』は、フジテレビ系にて2023年1月9日より毎週月〜金曜11時45分放送。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■ハライチ(岩井勇気、澤部佑)

――『ぽかぽか』MC就任が決まったときの率直な心境をお聞かせください。

澤部「“新しく始まるお昼の番組”と聞いて、最初は、曜日レギュラーだと思ったんですよ。でも、よくよく聞いてみたら、まさかの通しMCということで。めちゃくちゃびっくりしました」

岩井「僕はマネージャーから電話で聞いたんですけど、そのとき、そこそこ酔っ払ってて、しかも電波が悪いところにいたんで、話がよく聞き取れなかったんです。だから、“昼”とか“帯”とか“MC”とか、断片的な言葉をつなぎ合わせて、この番組のMCに決まったんだという事実にたどり着きました(笑)」

澤部「芸人を始めたときに、“いつか自分たちの冠番組を!”“大きな番組のMCに!”なんて言ってましたけど、実際15年やってきて、そんな仕事はもう来ないだろうなと思ってたんですよね。そしたらこのタイミングで、このようなすてきなお話をいただくことができたので、フジテレビのお昼を、日本のお昼を、精いっぱい盛り上げていきたいと思います」

岩井「僕の場合、お昼の番組は、そもそも柄に合わないと思ってるんです。ただ、よく考えたら、朝や昼の番組でMCをやっている芸人さんって、全員人相が悪いじゃないですか(笑)。だから今、僕がお昼の番組でMCを務めるっていうのも、意外と適任なんじゃないかなと思い始めてます(笑)」

――周囲の反響は?

澤部「ニュースが世に出た途端、吉村(崇/平成ノブシコブシ)さんから抗議の電話がありまして。“デモ行進をする”って言われました(笑)」

岩井「僕は、爆笑問題の太田(光)さんに相談しました。“どうしたらいいですかね?”って聞いたら、“昼とか気にせず、思いっきりやればいいんだよ”と言ってくださって。でも、“なんなら俺がスタジオに行ってやろうか?”って言われた瞬間、“あ、この人に相談するべきじゃなかった”って…」

澤部「(笑)。フジテレビの生放送と一番相性が悪いんだから、あの人!」

岩井「昼間から、(以前『FNS27時間テレビ』などで披露した)ピエロの格好で来られても困るしな、と思って(笑)。でも、良いアドバイスをいただきました」

――どんな番組にしていきたいですか?イメージがあればお教えください。

澤部「コンビでMCをやらせていただけるのは久しぶりなので、とにかく楽しくやりたいです。また、神田(愛花)さんもいらっしゃるので、3人のグルーヴと言いますか、ジャズと言いますか…セッション?(笑) とにかく、生の掛け合いの面白さを出していきたいですね」

岩井「総合演出の鈴木善貴さんとは、『キャンパスナイトフジ』(2009〜2010年、フジテレビ)という深夜番組以来の付き合いなんですけど、すごく感覚が若い人で。だから、守りに入らないような番組になりそうな気がします。あと個人的には、スタジオではない場所からお届けしたいですね。昼間から閉鎖的なところに行くのはイヤじゃないですか(笑)。開放感のあるところでやりたいです」

――これまでとは違う層の視聴者と向き合うことになるかと思いますが、どのような対策を?

澤部「僕は芸人人生一貫して、主婦層をターゲットにやってきてますんで(笑)、そんなに変わらないと思います。今回は、“主婦の皆様に岩井を紹介する”というのが僕の作業になるでしょうね。『ぽかぽか』を通じて、岩井を“陽”の人間にできたらなと思います(笑)」

岩井「僕の視聴層はテレ東の深夜なんで(笑)。だから、昼のお客さんに喜んでもらえるような対応はたぶんできないと思うんですけど、あえてこのままやりたいなと。そうすることで、他の昼の番組との違いが出るんじゃないかと思うので」

■神田愛花

――『ぽかぽか』MC就任が決まったときの率直な心境をお聞かせください。

「最初にまず打診をいただいたときは、自分がこんな大きなお仕事をいただけるはずがないと思って、この話はきっとなくなるんだろうなと思ったんですね。ですから、しばらくの間、この話は早く忘れようと思って日々生活していました(笑)。ところがある日、正式にご依頼をいただいて、“本当だったんだ!”って。そうしたら今度は、自分に務まるのかどうか、自問自答が始まってしまって…。でも、事務所のスタッフとも相談をして、フジテレビの皆さんが誠心誠意バックアップしてくださることもわかったので、決心に至りました。ハライチさんとご一緒だということもわかって、そこでだいぶ気持ちが軽くなりましたね。お二人がいてくだされば、もう大船に乗った気持ちでいられますから」

――ハライチのお二人と共演するにあたって、楽しみにしていることは?

「単純に、お二人のやりとりがとても面白くて大好きなので、それを毎日横で見られるということが非常に楽しみです。ただ、私としては、お二人ともすごく話しやすい方たちだと思っているんですが、お二人が私のことをどう思っているのか…まだ確認できていないので、少し不安です(笑)」

――どんな番組にしていきたいですか?

「生放送は、撮り直しが利かない。つまり、やったもの勝ちとも言えると思うんです(笑)。私はこれまで、収録の番組では“ゲストの方に、こんなことを聞いたら変な空気になっちゃうかな”とか、ためらうような場面も多くて、自分を抑え込んでいたようなところがあったんですね。でも、生放送となると、聞いちゃったもの勝ちですから(笑)。しかもハライチさんが一緒だから、絶対に変な空気にはならないし。ですから、“聞きたいことは素直に聞く”というのは実践したいですね」

――神田さんは今回、“進行役”ではなく“プレーヤー”としての役割を期待されているそうですが…。

「そうなんですよ、元NHKアナウンサーということで、一応、進行役は得意なつもりだったんですが、そこをはく奪されてしまって(笑)。でも、何より私が気になるのは、そもそも“プレーヤー”って何なんだろうって(笑)。たぶん“フリーに動き回れる人“ということだと思うんですが、具体的にどうしたらいいのか…とにかく、思ったことはちゃんと口にするとか、わからないことがあったら恥ずかしがらずに質問するとか、積極的に動きたいと思います」

――お昼の番組ということで、主婦層の方々にアピールしたい部分は?

「子育てをされている主婦の皆さんの大変さは、実感としてわかっていないところもあるかもしれませんが、わが家にも、たくさん食べて、洗濯物をすごく出す人間がいるので(笑)、一応、自分なりに主婦として毎日頑張っています。ですので、そういう自分の立場や経験を生かしながら、思ったことは素直に表現して、共感していただけたらと思っています」

――最後に、視聴者へメッセージをお願いします。

「2023年1月9日から、これまでになかった、新しい楽しい番組が始まります。チャンネルをフジテレビに合わせたら、その日一日が楽しくなる、そんな番組ですので、ぜひご覧ください。真剣に見ていただかなくて大丈夫です!(笑)」

このニュースに関するつぶやき

  • オリコン、モデルプレスに続いて他社の記事をコピペかよ?反☆響ノルマ含めて。コタツ記事たぁいい商売だなオイ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定